初LINE.

2016年4月22日(金)

スマホ持ちなら誰でも利用している「LINE」なるものをインストールしてみた・・・・

先日、みんながライン、ライン、LINEって当たり前のように使っているので思い切ってアプリを入れてみた出来事。
スマホ歴史8ヶ月。そもそもスマホにしたのはガラケーの費用がこれ以上安くならないという限界まできたのと、スマホのほうが激安だったからという理由。月にiPhoneのローンに8千円近くも払うようなレベルではなく、単純に

ガラケー 3000円/月
スマホ 1000円/月

って1/3のコストダウンとなったから使っているだけのスマホ。なのでそもそもLINEの必要性は全く感じておらず、結論から言うと

不要 アンイスしたわけだが 便利で安くて快適でという方々はなんで不要なんねん?みたいな・・・

まあLINE仲間がいない!ってのも正直なところで、断然従来型のメールのほうが楽なんですわ。さらにスマホで文字を打つのが面倒ってのもあるので、もっぱらPCやタブレットのキーボードの機動力に軍配。

さて、ひょんなキッカケでアプリを入れたわけだが、ダウンロードして名前を付けて?IDは登録してもしなくても良いらしいけど、認証の電話番号かフェイスブックのID?が必要で?という手順なのはいいけど、携帯の電話番号がきっかけだったのか、インストール後に

友達じゃないですか?みたいな気安いメッセージが表示されたと思ったら、かつて自分のこの携帯電話番号を知っている人たちがLINEを入れているようで、それに紐付けられた連中がワンサカ表示されちゃうってことに

これが諸悪の根源で恐ろしくなって、すぐに設定で友達をどうのこうの・・・・っていう設定をオフにしたけど、相手には自分がLINEユーザーになった事が伝わっているようで怖い。

もう何十年も音信不通(そもそもこの携帯電話番号なんて25年も前に取得したものなわけで)な人や昔好きだった人や、付き合っていた人、もう友達として付き合いたくない人、連絡なんかしたくない人、とかたくさんLINE崇拝者としてリストアップされて凍りついたわ。
まあ、そもそも音信不通や元カノとか元女友達とかハイリスキーな連絡先はサッサと消しておけばよかったわけだけど、ほんと心臓が止まりそうなくらいのショックで

その後、アンインスト。IDも抹消。

よく使い方もわからず安易にインストールしちゃったのがアダだよね。こんなにみんな普通に使うアプリなのに自分には恐ろしすぎて怖くて。
そんなに友達になりたいとかなのかなあ。寂しがりやさんが多いのかしら。メールじゃダメなのかしら。

ほぼリアルな状態の会話が楽しめるってのがウリで便利なのかもしれないけど、リアルすぎて四六時中スマホ触っていないといけないじゃん。
面倒じゃない?自分なんて相場や市場の値動きを確認するくらいで日に2、3度くらいしか使わないしなあ。

稼働時間として5分くらいかな。
その間に、「久々!」とか「スマホにしたんだ?」「やっほー まさかココで」「えーーー元気だった?」とか、知っている人も、記憶が薄い人も気軽にメッセージを送っているのでしょうけど、正直怖かったです。相手によっては「自分はもう生きていない存在」でもいいと思う人だっていたのに。これで生存がバレちゃったわけで・・・・

もう何十年の付き合いで年に何回しか会わない親友からもメッセージが届き、こんなところで会話するような仲にはなりたくなくてね。これもショックだった。もちろん悪気はまったくなくて、これからはライン連絡とりあおう!くらいなメッセージだったと思うのだけど・・・・

ああ、自分の携帯電話番号ってこんなカタチで人に渡っているんだ・・・・。いつ?どこで?あの時?と思うとねえ。

もしどうしてもラインが必要になった場合はスマホじゃなくて自宅の電話番号で認証すればいんだね。
こちらは親族や公的機関くらいしか知られていないし。さらにスマホじゃなくて回線もアドレス帳もないタブレットを活用すればいいかあ。


これから使う方はご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください