羽田空港沖から その2

2016年11月12日(土)

写真撮影をマイプロデュース!羽田空港沖から写真撮影 その2となります。

前回は9月の中旬の曇天後小雨というコンディションの中行ってきたわけだけど、なにせ天気がよくない。しかも時化模様だし。
なので大揺れでグレーの景色に飛行機!となるとイマイチの作品にしかならないわけで。初めてにして苦い経験だったわけで、またいつか来たいなあと思ってた。

そして11月5日!第二弾を決行!

天気は曇り後晴れ。気温19度。

東京湾も晴れ、凪・・・・絶好のコンディションですね

左からこれから乗船するZEAL社のチップ号(NIKON P330 F4.7 1/60 ISO80)中:待っている際に撮影した虻(NIKON P330 F2.8 1/100 ISO80)。右:東京湾に出て大井埠頭(NIKON P330 F3.2 1/1600 ISO80)

今回も天王洲から乗船するZEAL社のツアーへ参加。ほぼ毎週のように出航しているようでおおよそ埋まっている人気ツアー。25名の参加枠がいつも完売してますね。今回もその程度の人。前回は半分程度が飛行機好き女子だったけど、今回は大勢の5~6名の2団体が目立っていたな。男女比は9:1でご夫婦で参加の方と1名で参加の方がいました。

この2団体の正体はイマイチわからないけど、両方共にメーカーの方々っぽい。1団体は某レンズメーカーの方なのかな?みんな~600mmの同じ機種の大砲を装備。方やもう1団体の方はカメラサプライメーカーの方っぽくて、某社の1脚をみんな持ってきているんだよね。カメラメーカー比率は6:4でキャノン、ニコンてな感じ。キャノンだと7DあたりやKISSが多く、ニコンだと750,7100,7200,5000系って感じ。
レンズは600mmの大砲はともかく、~300mm程度がほとんどかな。
前回はカメラ撮影というよりも船上で和気あいあいてな方が多いのに対し、今回はみんな本気モード。

また今回もCランからDラン付近留まりかと思ったら、凪だったせいかDランを沿ってAラン付近まで行くことに。前回は並が高かったためなのかDラン先端付近だったから多摩川河口まで行くとはね。いやもー最高ですわ。秋の澄んだ空気に飛行機は映えるね。

そんな一例の写真

201611a-6997_r

10時から13時頃の帰還予定だったのが、飛来機を狙うために1時間近く延長となり最後まで楽しめた一日でしたね。

以下は使用滑走路が変わりBランへ着陸する飛行機を狙ったもの。憧れのアンダージェットも体験。ほぼ真下を通過する飛行機はダイナミックだな。

201611a-8253_r
201611a-8099_r

201611a-7757_r

201611a-7350_r

201611a-7485_r


次回の船上飛行機撮影は横浜港から行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください