羽田空港沖から その3

■下書きのまま保存していたものを公開。やや古い記事になります。

2016年11月12日(日)

羽田空港沖から その3!!なんとシリーズも第3弾!

昨日の話ですけど、横浜港から羽田空港へ撮影ツアーへ参加!
いつもは天王洲アイルから出航するZEAL社のツアーですけど、今回は京浜フェリーボート社のツアー!こちらは横浜港から羽田へ向かいます。

久々の横浜。そう遠くない距離だけど行くことって滅多にないなあ。かつては仕事場が横浜だった時期はあったけど。
しかも港付近なんてサッパリで、もしかしたらもう何十年振り?だったりするのかなあ。さらに言うと横浜から船なんて人生で二度目で、前回は記憶にないくらいの昔で水上バスに誰かと乗った記憶が。

さて横浜港を出航して羽田へ向かうツアーですけど、実は10月に予約していたら人数が集まらなくて中止となったんだよね。で、返金するか、リスケするかってなったんだけど、せっかくなので今日のツアーにリスケとなりました。本当はモーニングコースで9時発のコースを狙っていたんだけど埋まらないみたいだね。

14時横浜港大桟橋から出航。人数は9人だったかな。

そもそもなんで埋まらないんだ?ってZEALが埋まりすぎて人気だから、横浜港からだって人気が無いわけは無い!?だろうって思ってたんだよね。
うん、人気無いみたい。今日までなんで人気がないんだ!とずっと思ってたけど、そう問題があるわけでもなく・・・

単に知らないのかな???

この人気の無さで驚くのが、9名中飛行機スポッターは4名。あとの方はスマホや携帯で撮影するものの、羽田沖まで行って飛行機を眺める!ってだけのようで、もっともっと飛行機好きがいてもいいのになあって思います。しかもこの4名はALL ニコン!すごっ。しかも最上位のD4を持っている方もいたんだわ。音がスゴいですわね。他5000系と750だったかな。
大体にして、アマで趣味で飛行機好きで写真撮影ってなるニコン派だと、最も上位では700とか750だものね。ここ最近になって我が7200とか見るようになったかな。なのでD4は旧式だけどやっぱコマ数はスゴいです。画素は普通級レベルなんだけどネ。

レンズも長玉・大砲ってレベルはなくて高倍率~300mm?とか100mm程度とか・・・なのでいつもの80-400、80-200を使う場合、最も早くシャッターを切れるのが俺だったりするので、一瞬、え?みんなどうして押さないの?って思ってしまう。

さて14時に出航し京浜運河を羽田に向けて爆速で走るサンタバルカ号!めっちゃ速いです。最後に船長に聞いたら30ノットちょいは出ているとかで、ZEALのチップ号とは比較にならないくらい速すぎ。横浜港や京浜運河などの説明を船長自ら操船しながらマイクで説明してもらえます。揺れる際の一声もありがたい。非常に丁寧でした。

京浜運河を抜けるとそこはもうAランですね。Aラン直下をアンダージェットで何本か撮影したら、新Dランをゆっくり進みます。がすでに西日なのでアングル的にはちょっと厳しいなあ。羽田付近ではおよそ1時間程度の撮影時間。その後はまたマッハのような速度で横浜港を目指すことになります。

ZEAL京浜フェリーボート 比較するとこんな感じ

出発地:天王洲アイル(モノレール、りんかい線)、京急(新馬場)。横浜港(みなとみらい線の日本大通り駅) アクセスは両方共楽。自宅からもあまり変わらないかなあ。
待合場所:京浜フェリーボートは大桟橋埠頭ビル内のロビー。ZEALは夏はレストラン内だったけど、基本運河沿いの屋外。
船:京浜フェリーボートのサンタバルカのほうが大きくて立派でメッチャ速い!しっかりしている感もあるかな。
救命胴衣:京浜フェリーボートはどんなポジションでも着用。ZEALは前方に出る場合のみ着用で後方にいる際は未着用でも可能。今の季節だと保温になるね。
参加人数:ZEALが参加人数25名枠でいつも20名以上はいるし定員に達しているみたい。京浜フェリーボートは15名枠で今回は9名。
羽田空港までの時間:京浜フェリーボートは30分ほど(撮影ポイントまで17キロ程度。Aラン末端あたり)。ZEALは45分くらい(撮影ポイントまで11キロ程度。Dラン末端あたり)。
撮影時間:京浜フェリーボートは1時間、ZEALは2時間強。
トータル時間:京浜フェリーボートは2時間、ZEALは3時間半
料金:京浜フェリーボートは4300円だったかな。ZEALは4700円。
支払い:双方とも銀行振り込み
飛来機について:京浜フェリーボートはなし。ZEALは飛来機情報にもとづき出航時間が決まるのと、船長自ら航空無線を聞いている。
カメラアングル:京浜フェリーボートは可能な限り順光取りをしてくれる。ZEALはなし。
アンダージェット:京浜フェリーボートはあり。ZEALは無いみたい。

オススメは・・・・んーーーーー どっちもいいかな。

それぞれに強いて一言付け足せることができるなら、京浜フェリーボートはもっと撮影時間がほしいなあ。あと30分は欲しい!。でもその分、テキパキテキパキ濃い時間ですね。ZEALは撮影ポイントにしばらく停泊ってのもあります。なにせ時間は長いので。強いて言うなら待合場所が基本外ってのともっと立派な船だといいのにと思います。京浜フェリーボートのサンタバルカが立派すぎるんだなあ。
船長さんや係の方はどちらも親切丁寧です。

次回があるなら、京浜フェリーボートのモーニングクルーズを試してみたいなあ。

どちらもオススメ。陸撮に飽きたらぜひとも船上からクルージングを楽しみながらの飛行機の追っかけを!

カメラ以外のアイテムでは、サングラス必須です。後は船上は思ったより寒かったりしますので防寒対策を忘れずに。水上バスと違って小型船なので揺れます。酔われる方は事前に酔い止めを。軽く胃に入れておくと良いのと、アルコールやコーヒー、オレンジジュースは酔を悪くしちゃうようです。水やスポドリが一番良いみたいですね。後は座ってばかりいないで立って揺れを体感で制御するのとか、遠くを見るのが酔わなくする方法かと。


d72_8865_r

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください