秋の庭園巡りコンプリート

2017年12月3日(日)

例の庭園スタンプラリーを完結するためで、4箇所目の清澄庭園、5箇所目の浜離宮庭園と巡ってコンプリート。
まずは清澄庭園。初めてなんだな。
もちろん存在は知っていて、清澄白河=清澄庭園と相撲部屋てなイメージだもんな。

朝イチの清澄庭園。
大江戸線の清澄白河駅から徒歩3分ほどの場所にある清澄庭園。案外入り口が地味でビックリ。住宅街の中にある感じなんだね。
でも中は庭園で広め。
ここは池の縁に石畳みたいに歩ける場所があって近い。歩いているとデカい鯉が餌くれーって近寄って口パクしてくる。っしっかし、これだけデカくなるって何を食べてデカくなるんだろ。
鮭みたいなデカさだわ。食べても美味しく無いだろうけどね。

カメラはいつものD7200。レンズはSIGMA 15mmFishEye と NIKKOR 10-20mm の最強コンビ。
やはり風景には広角がいいね。ほんと10-20mmは絵になるわ。


庭園の西側には芝生があってベンチがって東屋があって。休み処ってカンジですかね。

 

今回、頑張って撮影したのがこの1枚。銀杏に差し込む光芒。


小1時間少々散策した後は、大江戸線を利用して築地市場へ。贔屓の浜離宮庭園へ。

今日は日曜かつ築地市場は休市。なので築地市場駅前の正門前は観光客が少なくてガラガラ。そのまま汐留方面へ大橋通を歩くこと5~6分少々で浜離宮庭園。
年パスを利用して浜離宮庭園へ。いつもの我が家的な場所だな。とは言っても最近は10月以来なのかな。しばらく振りの訪問。

久々過ぎて紅葉の時期はちょっと遅かったんだな。

桜の葉。また来年春の季節が楽しみだわ。

むしろ。こも巻き。暖かい時期は木の上部にいる虫たちが寒さを感じ越冬するため地中に戻る際にこのむしろの中で捉えられるというものだそうです。上部の縄はゆるく下部の縄はキツくしばってあるようです。
が、しかし、すべての害虫を捕獲できるわけでもなく益虫まで入ってしまうようなので、昔ながらの風物詩的な要素もあるみたいですね。
すでにこのような方法を止めた場所もあるようですね。

日本の文化というか習わしでもあるので、外国人向けに案内板もありました。


ちょうど1ヶ月で5庭園コンプリート。11月3日は初日だったんだね。
六義園、旧古河邸、芝離宮庭園、清澄庭園、浜離宮庭園と巡りました。もちろん、狙いは9庭園共通の年間パスポート狙い。
こういう企画っていいよね。普段めったに行けない庭園を巡ることできるしね。

おすすめは浜離宮庭園!だけど、六義園、清澄庭園もおすすめ。今後、その他の庭園へも足を運んでみたいな。

良い写真撮れるといいけど。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください