愛機ニコンD7200を「おすすめ点検パック」に出してきた

2017年1月6日(土)

愛機ニコンD7200をサービスにだしてきた をマイプロデュース!

京浜島つばさ公園でハミングバードを見送った後は一旦自宅へ帰還。装備を整えなおしニコンプラザ銀座へ行ってきた。
そういや、京浜島つばさ公園発のバスに乗車したら乗ってきた人が全員降りてその後は終点の大森まで自分ひとりやったでー。

愛機のD7200が昨年12月頃かな?ローパスにノイズが混入したのに気づいたんだよね。最初はブロアーなどで落ちているかと思いきや全くダメでサービス入りとなったわけ。
今のデジイチって常にローパスのクリーニングが働いている(メーカーや機種にもよるかと思うけど)のだけど、それでもダメなのでよっぽど大きな汚れなんだろうなあ。


 

大した写真じゃありません。ただノイズが分かりやすく写っている1枚です。
さあ、どこに写っているか?一目瞭然ですよね。

黄色の枠内にノイズがはっきりと。


その後、ブロアしたりするうちに若干落ちたものもあるけど、LightRoomで処理してみると・・・・


LightRoomにて「スポット修正」(右上)、「スポットの可視化」(下)をすると、ノイジーな部分が明確に。

ノイズが明確になりましたとさ。


今思えばなぜか、D7200本体と60mmのマイクロと8-15のフィッシュアイをマンフロットのショルダーに入れてニコンプラザ銀座へ行ったわけなのだが、D7200を点検清掃に出したら写真なんて撮れないじゃん!?っていうか当時はその場で30分も待っていれば作業が完了して、その足で浜離宮でも・・・・って企んでいたんだよね。
でも、行って気づいたけど開店早々のニコンプラザ銀座はそれなりの人でビックリ。幸いなのか自分は11番の番号札でさほど待ちは無かったわけだが、いますぐに作業を終えて・・・・てなことにはならんよね。

今回申し込んだのは「おすすめ点検パックの本体版」Aコースを申込。
Aコースは「点検」「センサー清掃」「外観清掃」「ピント点検調整」となり、料金は3,000円(税別)。作業時間は3時間ほどって言ってたのかな。
銀座周辺をブラブラと時間を潰しても良かったけど会社からも歩いて行ける距離なので平日の夕方にでも取りに行こうかと・・・・

色々なニコンユーザがカメラを持ち込んでいて、フィルムのオールド機や半世紀近く前のレンズだったり、最新のD850やD5、NIKON 1とか普通のコンデジだったりと色々なんだなあと。でもD850を持ち込むって初期不良なのか?ファームアップなのか?ちょっと以外。NPSの会員の方もいましたね。どんなプロなんだろ?

復帰予定は来週ですね。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください