D850+NIKKOR 24-70mm にて京浜運河の夜景を撮影してみた

2018年4月14日(土)

京浜運河の夜景撮影をしてきたをマイプロデュース!

12日(金)早朝は羽田T1&T2にてハミングバードや離着陸を撮影。その後はANA機体工場見学ツアーに参加。一旦帰宅後の夕方より横浜港は大桟橋埠頭からいつものサンタバルカ号にて京浜運河の夜景撮影に行ってきた。

D850 + NIKKOR 24-70mm


スマホで撮影するのはよく分からない。レンズに指紋が付いているのかイマイチだよな笑。
今日の構成はこんな感じでD850 + NIKKOR 24-70mm。24-70mmのフードのデカさがなんとも。ここまで必要だったのかって思うくらい。


D850 + 24-70mm 1/50 F5.6 44mm ISO9000 昼光色蛍光灯

D850 + 24-70mm 1/30 F5.6 29mm ISO14400 ナトリウム混合灯

船の光。海面に映る光といい幻想的でステキだわ。

D850 + 24-70mm 1/25 F2.8 28mm ISO4500 昼光色蛍光灯

石油を吸い上げる機械だそう。

D850 + 24-70mm 1/30 F2.8 28mm ISO9000 昼光色蛍光灯

D850 + 24-70mm 1/50 F2.8 28mm ISO1000 昼白色蛍光灯

D850 + 24-70mm 1/30 F2.8 32mm ISO9000 昼光色蛍光灯

D850 + 24-70mm 1/30 F2.8 44mm ISO11400 電球色蛍光灯


D850 + 24-70mm 1/50 F2.8 45mm ISO11400 電球色蛍光灯

D850 + 24-70mm 1/60 F2.8 58mm ISO9000 ナトリウム灯混合光


D850 + 24-70mm 1/25 F2.8 26mm ISO7200 昼光色蛍光灯

鶴見線海芝浦駅の夜景。

D850 + 24-70mm 1/30 F2.8 32mm ISO2500 昼光色蛍光灯

 

下船後、みなとみらい線日本大通り駅までの道中に撮影したもの。昼間のように割と簡単に夜景も撮影できちゃうから今時のデジカメってスゴいわ。なにせ4500万画素越えにISO25600、HI2で102400って真っ暗でも撮影できちゃうかもって機能だし。かつては高感度=高ノイズで嫌われたものの、いまでは昔の話で強力にノイズ低減機能が働くおかげで十分手持ちでも撮影可能となった。
しかも今回のように揺れる船上からでVR無しの24-70mmでも全く問題無かったしね。

D850恐るべし最強カメラ

今回はいつものサンタバルカ号。顔も覚えてもらえているのだけど、いつもは飛行機ばかりで夜景で乗船するのはニコンカレッジ以来の2回目。なので船長さんはビックリされてましたね。いやあ、まあ、そのー 夜景も狙ってみたくて・・・みたいなかんじでした。ちなみに助手の方とも色々とお話できたのですが、京浜運河以外でも三渓園や本牧ふ頭方面の工場夜景も素晴らしいとのこと。こちらは水曜日の19時出港。
こちらも試してみたいなあ。
参加者でスポッターは自分1名。他の方はコンデジとスマホ。スマホもライトやフラッシュっていくら頑張っても届かないからねえ。でも最近のスマホも高感度らしくそれなりに撮影できていたみたい。15名ほどの中、男性2名、他女性。夜景ツアーはいつも女性が多いんですって。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください