続・秋の庭園巡り「清澄庭園」「浜離宮恩賜庭園」紅葉は色づき程度

2018年11月24日(土)
秋の庭園巡り「清澄庭園」「浜離宮恩賜庭園」へ行ってきたをマイプロデュース!
所用があって清澄庭園まで行ってきた。久々だな。あそこのイチョウはどうなってんだろうといつものようにカメラ担いで行ってきた。

D850 + 24-70mm (32mm) MODE:A 1/400 F8 ISO400 WB:自然光AUTO

清澄庭園のオーソドックスな一枚。ちょと曇ってきたのでWBは機械任せにしてみた。特にその後は修正なし。
現像の際はなるべく撮って出しを心がけているので、ヘタにコテコテにアレンジするような加工はやらないんだよなあ。

D850 + 24-70mm (70mm) MODE:A 1/2000 F5 ISO400 WB:自然光AUTO

休憩中のアオサギ。寒そう。片足立ち 笑。
カモなどは水にプカプカと・・・羽毛に包まれ暖かいのだろう!?
まあ人に比べ彼らの体感は鈍いようなので寒い冬でも生き抜くことができるのでしょうけどね。

D850 + 24-70mm (32mm) MODE:A 1/400 F6.3 ISO400 WB:自然光AUTO

サクラ。秋で枯れ葉の季節なのに、既に蕾がある。あと5ヶ月もすれば花開くっていうんだから植物のパワーって

D850 + 24-70mm (45mm) MODE:A 1/250 F6.3 ISO400 WB:自然光AUTO EV:+1.3

ちょっとEVを明るくしすぎた失敗作品。本当は手前の木が暗くなるんだよね。なのでEVを上げるか、スポットを手前に当てるか、後は現像でシャドーを上げるかだね。


D850 + 24-70mm (24mm) MODE:A 1/1250 F8 ISO400 WB:自然光AUTO 

本当は行く予定は無かったのだが訪れてしまった浜離宮恩賜庭園。大江戸線汐留で下車して新橋で昼食を・・・と思ったものの浜離宮へ足が向いてしまった。お昼は少しお預けでしばし探索。
菜の花畑も芽が出てきたけどこれから膝丈くらいに成長するまでに4~5ヶ月ってことなんだなあ。

D850 + 24-70mm (24mm) MODE:A 1/250 F8 ISO400 WB:自然光AUTO

浜離宮の大銀杏。この根もとにイチョウの葉が一面になると黄色い絨毯で見応えあるんだよねえ。まだまだもう2週間ほど冷え込まないとだめかな。

D850 + 24-70mm (24mm) MODE:A 1/1000 F6.3 ISO400 WB:自然光AUTO

イベント開催中だった「にぎわゐ広場」。お茶会や着物の着付けや軽食の露店など出店していたね。外人には人気かも。

D850 + 24-70mm (24mm) MODE:A 1/1250 F6.3 ISO400 WB:自然光AUTO

燕のお茶屋付近の橋から都会風景。

D850 + 24-70mm (26mm) MODE:A 1/640 F7.1 ISO200 WB:自然光AUTO

汐入の池に空とビル群がリフレクションしてキレイ。この季節ならではだね。


D850 + 24-70mm (24mm) MODE:A 1/5000 F5.6 ISO400 WB:自然光AUTO

清澄庭園と同じでこちらのサクラも蕾状態。春までまだまだ先なのに生き物の生命力ってスゴすぎだな。冬寒いけどがんばれ。

D850 + 24-70mm (24mm) MODE:A 1/200 F4.5 ISO400 WB:自然光AUTO

寒い中でも咲くのがサザンカ。オーソドックスなタイプだね。梅林の向かい側のサザンカの木。いつもたくさんの花を付けます。


やはり都会の浜離宮は紅葉深まるまではもう少し時間がかかりそうな気配。イチョウ並木の黄色い絨毯が楽しみだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください