京浜島つばさ公園にてハミングバードを狙ってきた。

2019年1月27日(日)
「京浜島つばさ公園にてハミングバードを狙ってきた」をマイプロデュースしてみる。

1月26日(土)超早朝の時間帯に自宅を出て京浜島へ向かう。大森駅のバス乗り場には多くの乗客が行列を作っているわけで、ほとんどが京浜島で働く人たちだ。自分のようにつばさ公園で飛行機写真を・・・という人はいないな。夏になればもう少し遅めの時間帯からシューターも増えるのだが、この時期のこの時間帯にシューターたちと同乗することはまずない。

バスに揺られること30分弱だろうか、京浜島海浜公園に到着。下車は4名。そのまま南側のテラスまたは南端に陣取る予定で歩く。手前のテラスにはすでにシューターが3~4名ほどが陣取っていた。三脚にキャンプ用イスまで装備している連中なのでなにか特別の飛来機を狙うグループなんだろう。


P330にて撮影

ANA機がたくさん駐機中。この日の出をバックに離陸機を狙ってみるのもいいかなあ。すでに日が高いけどね。

Z6 + FTZ + x1.4 + 200-500mm (700mm) MODE:M 1/2000 F9 ISO(AUTO)800 WB晴天

月がキレイだったので手持ち撮影。この月と飛行機がマッチすると良いけどねえ。


Z6 + FTZ + x1.4 + 200-500mm (700mm) MODE:M 1/1600 F10 ISO(AUTO)560 WB晴天

飛来機。つばさ公園からのA滑走路はこんな感じに見える。ほぼ真正面に近い位置かな。これが公園南端に行くと真正面になる。ただほぼ水平上なので見晴らしはあまりよくないんだよね。もしこの南側のテラスに人がいたら南端に行っていたけど。

Z6 + FTZ + x1.4 + 200-500mm (700mm) MODE:M 1/1250 F10 ISO(AUTO)800 WB晴天

NH583便のハミングバード。真打登場。以前の記事でも書いたけどすでにハミングバードは年度末でおしまい。飛び立つ便も3便から2便となったわけでいずれ羽田名物が無くなるのは寂しいねえ。

今後ますます羽田空港を離発着する便は増加していくことは間違いないのだが、狭い日本の土地にある羽田空港。キャパとしてはまだ余裕はあるようだが、今後の離発着本数を考えるとさすがに滑走路を増設するわけにも行かないわけで、ウネウネと東京湾内を離陸するややこしい方式ではなく、ダイレクトに都心上空を飛行する方法も本気で考えなければならなくなっているのは事実だろう。
 大田区は羽田空港の利用者数増加=大田区の活性化が望まれるわけであるが、大田区上空を飛び立つハミングバードはダメ!っていいのかね!?。区民がそんなに目くじらを立てて反対しているわけでもないしね。危ないからダメっていう意見だったらそもそも区内に空港自体あっちゃいけないんじゃないんですかねえ。
矛盾だよ。

Z6 + FTZ + x1.4 + 200-500mm (700mm) MODE:M 1/1250 F10 ISO(AUTO)720 WB晴天

そして飛び立った。この飛び立つ瞬間っていいよねえ。特に最新機種は翼がかっこいい。

Z6 + FTZ + x1.4 + 200-500mm (700mm) MODE:M 1/1250 F10 ISO(AUTO)800 WB晴天

JL213便 E90が南紀白浜へ飛び立ちます。この位置からだと滑走路端が遠いねえ。テレコンを装着しているのでなんとかこの画角。

Z6 + FTZ + x1.4 + 200-500mm (700mm) MODE:M 1/1250 F10 ISO(AUTO)720 WB晴天

飛び立った。そういやいつかの記事に夏にも訪れたいと書いた記憶がある。そうこの距離を真夏で試すと蜃気楼のようなモヤモヤ・ユラユラが発生するだろうからそれが絵になっていいんだけど、その夏を迎えることもなくハミングバードは終わってしまうのか・・・。

Z6 + FTZ + x1.4 + 200-500mm (700mm) MODE:M 1/1250 F10 ISO(AUTO)720 WB晴天

西へ向かって飛んでいった。南紀白浜かあ。熊野古道でも旅行してみようかなあ。


P330にて

今日の装備。Z6 + FTZ + Tele x1.4 + 200-500mm / ベルボンカーボン一脚 / HAKUBAの新型バックパック GW-PRO RED (L)
※一脚使用時でも必ずストラップは装着し首にかけましょう。

Z6がとても小さく見えてしまう。コンデジみたい。


1,275文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください