インプレス・フォトスクール「デジタル写真必修」受講その1日目

2019年3月30日(土)インプレス・フォトスクール「デジタル写真必修」受講その1日目をマイプロデュースしてみよう。

いつだったかな。多分結構前だと思うけど、インプレスのフォトスクールに申し込んだんだよね。ニコンカレッジにするかインプレスにするか迷った時期があって、一度は申し込もうと思ってたらいつのまにか満席になってたこともあった。

インプレスといえばパソコン雑誌や資格本で有名だよね。写真に関して言えば毎月20日発売のデジタルカメラマガジンを愛読しており、GANREFの会員でもありたまに投稿したりもしている。そのインプレスが主催するのがこのフォトスクールで、約10講座ほどある。今回受講したのはその最も初歩である「デジタル写真必修」講座。本当はもっと実践的な講座を受講したいのだが、なにせこのデジタル写真必修を受講しその後の段階を踏まないと上位講座へは進めない仕組みとなっているため致し方ない。

御茶ノ水駅から皇居方面は下ること10分少々。インプレスのオフィスがあるビルの23階の会議室にて開講。全6回の1日目開始。

集合はビルの1Fエントランス。係の方がやってきて点呼取ってビルへ上がっていきます。10人くらい集まるのかと思いきや、男4名、女1名の計5名。
えー少ない。そんなもんなのかーーってちょっと驚き。

会議室に入ると講師の岡嶋先生が出迎えてくれます。着席するや否や早速講義開始なんだよ。んーーーなんていうか、注意事項や進め方のようなものってないのかな。非常口の場所やトイレ、自動販売機とかとかとか・・

講義1時間、外での実習1時間、戻ってきて印刷してその講評1時間てな感じを全6回。ニコンカレッジでも基礎講座を受けてきたけど、改めて感じたのはカメラメーカーは基本、写真とはカメラとは・・・からはじまるのに対し、このフォトスクールはどちらかと言うと最初から作品づくりに主体を置いているような感じでカメラのメカニカル的な話や、写真とはみたいな話は無いんだよな。

なので、撮影手法というものは教わりません。

まあそりゃーそうなんだけど、結局、被写体も違えばその日その天候、使うカメラによっては様々な捉え方があるのに対し、こうじゃなければダメだ!ってのはないよね。この写真のF値はこうで、シャッタスピードはこうで、こういう構図が正解なんてないもの。

そんなかたちから講義が進められていくので、最初は戸惑った。

1時間の講義を終え1時間の撮影実習。手法を学ぶわけではないので先生と一緒になって撮影の仕方なんてありません。各々が好きな写真を自由に撮影してきます。

ただし諸条件として、プログラムオートで撮影。画像はJPEG。被写体は真ん中に置く。WB等はオート。
そもそもプログラムオートで撮影・・・って使ったことないし。

被写体を真ん中へ。世間で俗に言う「日の丸構図」の事で、ちょっとあまり出来の良くない撮影構図のように言われるがそれは誤解だってこと。いつの日からか日の丸構図は・・・なんて言われるようになったわけだが、写真の構図って美術作品を造るのと一緒で、キャンパスの中央に作品がある。名画のほとんどは日の丸構図ではないか。それって良くないことなのか?ってこと。
そもそも海外では日の丸構図なんてことは言われないし、タブーってこともなく日本独特の悪習でもあるようだ。どういう事情で日の丸構図が悪い構図として言われてきたのは定かではないようだが、推測ではあるがハイアマチュアのベテランの域(岡島先生曰く70代以上の・・)の方々が長年カメラを続けてきた=ベレンランで上手なんだ。その構図手法で誰しも最初に用いる構図=真ん中に被写体を置くこと=それは初心者だ。となったのではないか。

ただ写真(絵画も)は見る側にインパクトを与え、撮る側が見せたいものを、見る側がそこに目が行くことが非常に重要な要素である。したがって、まずはどうであれ真ん中に被写体を置く。その真ん中に置いたものが誰しもの目が届きインパクトを与える写真を撮ってみよう 

ってことが1日目の講義でした。

昨年ニコンカレッジで受講した萩原俊哉先生も「日の丸構図が悪いってことは絶対に無いです」って言ってたのは印象的だった。


今回使用するテキスト。大口径レンズ1本くらい重い。


NIKON Z6 + 24-70mm S-Line 47mm MODE:P 1/250 F8 ISO:AUTO(200)

1時間で50枚程度撮影した中から3枚を選定。この短時間で3枚を選定。しかもデジカメの液晶から見て判断って難しいよ。難しいけど選定することも大事ですってよく先生たちは言うけどねー。
このサクラは雑踏としすぎてしまってどれが中心になっているかイマイチなんだけどねえ。それでも俺が!俺が!っていう花を見つけて撮らないダメなんだよね。
この写真は皇居のサクラ。ただソメイヨシノじゃないよね。なんだろ。


NIKON Z6 + 24-70mm S-Line 24mm MODE:P 1/320 F9 ISO:AUTO(200)

毎日新聞社前の信号待ち。実はその3枚を提出する基準としてボケたもの、ボケないもの。その他1枚ってことで、ボケていないものはコレしかなかったんだよね。


NIKON Z6 + 24-70mm S-Line 55mm MODE:P 1/200 F7.1 ISO:AUTO(200)

本日のベストショット。皇居から戻ってくる際のNTTComのビル近くに咲いていたものを撮影。真ん中の小さな花は中心に周囲はボケ。悪くないよね。


プリンタはキャノンのインクジェット。SDメモリを差し込んで印刷します。
ただこちらXQDなので一旦事務局のPCにて取り込んでSDへ移行することに。

ちなみに機種構成はソニーα一眼が1名、ミラーレス1名。オリンパスOMD一眼が1名、ミラーレスが1名、そしてニコンZの自分と全員ミラーレスでした。


2,250文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください