2019桜撮影レポート(その5):大横川・門前仲町

2019年4月6日(土)
2019桜撮影レポート(その5):大横川・門前仲町をマイプロデュースしてみる。桜レポートも第5弾か。

今回は門前仲町の大横川。実は昨年も訪れていたのだが、終盤も終盤だったわけで今年はしっかりノミネートしていた。とは言ってもギリギリだったんだけどね。
桜を眺めていると思うのは都内でも場所によっては全然咲き具合が違うんだよね。気温の違いはほとんど差が無いかとおもうけど、ひとつ感じたのは日の当たり具合というか時間なのかな。常に太陽の日差しが当たるような場所にある木は生育も早くすでに散りかけてる!?そこまで太陽が当たらないような場所にある木はもう少し咲いている。またはまだ蕾を抱えているような状態だったりする。


NIKON Z7 + 24-70mm(S-Line) 29mm MODE:A 1/800 F8 ISO:200 WB:晴天

門前仲町の黒船橋より。さくら祭りだかで和船ツアーをやっていた。500円で30分ほどの船旅。いやあなかなか良さそうだけど、すでに長蛇の列。

NIKON Z7 + 24-70mm(S-Line) 70mm MODE:A 1/500 F8 ISO:200 WB:晴天

結構いいアングル。モーターボートじゃなくて和船だからいい味出るんだろうなあ。

NIKON Z7 + 24-70mm(S-Line) 26mm MODE:A 1/1600 F4 ISO:200 WB:晴天

満開。花のシベの中央が赤くなると散り頃。この桜はもう少し持つのかな。足元まで枝が下りてくるような桜もある。

NIKON Z7 + 24-70mm(S-Line) 70mm MODE:A 1/640 F5.6 ISO:200 WB:晴天

これもいいなあ

NIKON Z7 + 24-70mm(S-Line) 70mm MODE:A 1/500 F8 ISO:200 WB:晴天 PC:モノクロ

デジタルならではのピクチャーコントロール。普段はスタンダード、たまに風景かな。それで十分。Zにはたくさんのピクチャーコントロールが搭載されたけど、スタンダードばかりかな。

たまたまピクチャーコントロールを操作していたらモノクロが目に入ったので撮影してみた。
おおおー、まるで昭和一桁みたいな。(カラーフィルムって50年近く歴史があるのかな)。

モノクロにこだわる撮影も色々と試してみたいかな。


大横川を行ったり来たり。ここは夜は提灯でライトアップするのでそれも情緒あっていいんだろうな。
川沿いはしっかりした柵があるけど広くないので注意。カメラのレンズを入れ替え途中で見事にレンズカバーを川に落としている人もいたし。


その後は隣駅の清澄庭園へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください