受験記:文書情報管理士1級受けてみた。

2019年8月31日(土)
文書情報管理士1級を受験してきた。
そういや半年前の2018年12月24日のクリスマスイブ。2級を受験し合格できたわけだけど当時は勢いもあって首の皮一枚でなんとか合格できた記憶があった。

今回は年に2回の受験機会の夏の陣というわけで受験期間ギリギリの8月31日の今日受験してきた。

まあ結果から言うと、不合格。

気持ちは晴れやかサッパリしていて清々しい。
だって先月の31日に公文書管理検定を受験(合格)してからというものの、勉強する時間がまず無い。できない。してない。そして受験・・・。当然結果は付いてくるものだから気持ち的は悔しさも何もないわ。


合格ライン70%で50%。全然勉強していないのに50%って思ったより良かったかも!?

2級との比較が気になるところだけど、これは率直な自分なりの感想だけどIT関係とかそれに伴うセキュリティ関係などは2級の時はそれなりに出題されていたような気がしてて職業柄&ITエンジニア的には楽勝だったけど今回はそういう問題は少なくて、○○の手順・・・とか、○○は何法に関連するか・・・など全く記憶にございません的なジャンルが多かったような。

あとは相変わらずのマイクロフィルムの技術的な問題も多いわ。サイズとコマ数からどれだけのフィルムが必要とか、どれだけの記憶量になるなどの計算問題も5~6問は出題されていたかな。

2級のスコアを見たら法律問題が不得意としていたから重点的に解こうと思ったけどそうでもなく、もっと基礎的にディープな部分を重点としたほうが良い気がする。

そして問題量80問、解答時間80分。72分ほどで退出したわけだけど問題量多いな。時間も油断するとあっという間に過ぎてしまう。

入室の際、自分が着席したレーンには誰もいなくしばらく一人で快適に解答していたものの、退出する頃には10名ほどになっていた。解答終了後席を立つ際に他の方の画面をチラっとみたら、2級を受験している方が4~5名連続でいたのには驚いた。

次回の冬の陣はどうするか?
いやあ、免許じゃない資格ってねえどうしても本腰は入らないからなあ。受験する気は出たとしても、取り組む時間ってあるのかな。最後まで気分が乗らないかも。


なので少し時間を置きます。

2 thoughts on “受験記:文書情報管理士1級受けてみた。

  1. どうもはじめまして
    ちなみにワタクシは2016年8月に文書情報管理士2級・(一発)合格しました。
    今度は2017年8月に1級に挑戦しましたが、結果は不合格、2018、2019の夏期もあえなく不合格…
    2020年1月13日、1級4度目の挑戦です。2021年8月(2級合格の有効期限)までには合格したいです!
    試験前対策セミナーへは2016年6月、2019年6月に参加しました。
    たしかにこの試験はお金かかりますからねぇ、そりゃもう真剣勝負ですよ!

    1. こんにちは
       メッセージありがとうございます。
       1級は難易度高いですよね。2級との差が大きい気がします。
       出題範囲も広いので対策は細かいところまで手を抜かないようにしないとダメですかね。
       2020年の冬試験に向けて重い腰をあげてみたいと思います・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください