2019年劇場映画30本を観てランキングしてみた。

2019年12月30日(月)2019年劇場映画30本を観てランキングしてみたをマイプロデュースしてみよう。

今年も頑張って劇場映画を30本観てきた。
実は新年早々の出だしこそ良かったものの後半は30本のミッション達成が危うい事態になったのだがなんとかクリア。

4月の時点で13本消化したので後半戦は楽勝かと思ったのだが、5月、7月、8月はなんとゼロ。なので9月以降は大変なことに。

1月:4本
2月:1本
3月:4本
4月:4本
5月:0本
6月:1本
7月:0本
8月:0本
9月:3本
10月:3本
11月:6本
12月:4本


観た映画一覧・・・・

クリード・炎の宿敵
蜘蛛の巣を払う女
TAXi ダイヤモンドミッション
ヴィクトリア女王 最後の秘密
ファースト・マン
運び屋
グリーン・ブック
ギルティ
移動都市 モータルエンジン
記者たち~衝撃と畏怖の真実
ショーン・オブ・ザ・デッド
ハンターキラー潜航せよ
ハロウィン
スノー・ロワイヤル
アド・アストラ
パリに見いだされたピアニスト
ホテル・ムンバイ
ジョン・ウィック パラベラム
ジョーカー
毒戦 BELIEVER
IT THE END
ジェミニマン
ターミネーター ニューフェイト
イエスタディ
エンドオブステイツ
ゾンビランド
ドクタースリープ
テッド・バンディ
ラスト・クリスマス
スターウォーズ

総費用:46,760円 
1本あたりの平均:1,559円


2019ベスト!

1:移動都市 モータルエンジン

2:ジョーカー

3:蜘蛛の巣を払う女

4:パリに見いだされたピアニスト

5:ホテルムンバイ

という順かな。

モータルエンジンはファンタジー系作品なんだけど脚本、製作にピータージャクソンが担当とのことなので、緻密さ。どこまでも隙のない解放感があって吸い込まれるようだった。

ジョーカーはホアキン・フェニックスの名演技に尽きるな。あれはほんとスゴかった。特にジョーカーがタバコを吸いながら肩をゆらしながら悠然と歩くシーンは歩くだけなんだけどジョーカーそのもものらしさが出ていて圧巻。

蜘蛛の巣を払う女は前作ドラゴンタトゥーの女シリーズの二作目なんだけど、久々にいいアクション映画を見たって感じだった。

ただ泣ける~、感動~ という映画に巡り会えなかったのは残念かな。

来年も30本頑張って観ようっと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください