人生初の「一人ボーリング」を飽きるまでしてきた。

2020年2月22日(土)人生初の「一人ボーリング」を飽きるまでしてきた。をマイプロデュースしてみよう。

ちょっといつものネタとは違う内容を書いてみよう。
会社では毎年10月から2月までの期間、2日間秋冬休みが支給される。早い人だと11月頃に取得、または年末年始休みに充てる人なんかもいるわけだが、年が明けると一気に年度末の忙しさがやってくるため機会を逃すと取得できないってこともよくあるケース。

今年は2月21日(金)に取得し4連休とした。休める時に休んでおかないと消化できないからね。働き方改革で年休や夏休み、冬休みの取得状況は会社でウントされているようだから。と入っても支給の4割って難しい。うちは毎年20日の年休支給で繰越20日の計40日、夏休み3日、冬休み2日を合わせて合計45日休めるわけだけど半分も休めない。4割ってのは40日の4割なので16日取得。1ヶ月に1日以上休まないと達成できないわけだけど難しいよなあ。


さてそんな4連休の初日。人生初の「一人ボーリングをしてきた」。なぜにボーリング!?だいたいにして集まりで行うボーリングって2ゲーム程度が良いところ。たったの2ゲームで終わって「はいはい、楽しかったねー」「いい汗かいたねー」「これくらいがちょうどよい」とか言っているのがダメダメだったわけで、たったのたったのたったの2ゲームって全然おもしろくなかったわけ。

だったら飽きるまで投げられることができたらどんなに楽しいんだろうって思ったんだよね。

で、朝から行ってきた・・・10時40分頃に到着したのかドキドキ。
昭和の場末の雰囲気漂うボーリング場。併設するゲーセンには一応充実しているようだったけど、いいねーこの雰囲気。だいたい最新の!?従来型の!?ボーリング場の設備の違いってあるのか?とも思うわけで、たとえ昭和の設備であっても古さって感じないのかも。

いるんだわ。
一人ボーリングしている人・・・・このボーリング場は2フロアあって1フロア14レーンの28レーン。そのフロアには2名1組の初老の女性たち。親子2名2組、そして一人ボーリングの初老の方々が3組ほど。親子2組以外はみんなマイボール・マイシューズ。要は常連さんたちだ。

あとから自分の両隣に一人ボーリングの方が来たのだが

一人ボーリング割合多くて驚く・・・なんか最初はめっちゃ緊張したけど、なんてことないこの平日の昼間なんてほとんどが一人ボーリングだったってこと・・・なんだよなーだったらもっと早くから来てみるべきだったか。

今日の目標は6ゲームほど。気持ちが続けば10ゲームでもいいかな?と

1ゲーム目:94
 いつも通りのスコア。今思えば普通に投げただけで何も考えずに投げていた。

2ゲーム目:129
 9フレ、10フレでターキー。なんか思ったことがあった。

3ゲーム目:97
 調子こいた。後半はズタズタ。

4ゲーム目:195
 1フレからフォース達成。6フレストライク、7フレスペア、8フレストライク、9フレスペアとプロかよ!?ってくらいのスコアが並んで神がかり~。
この時思った、あれ?こうすればまっすぐ投げられるんだ?ってね。

5ゲーム目:138
 4ゲーム目のハイスコアを再現したかったわけだけど、1フレから4フレまでストライクとスコアが続くが後半持続せず。

6ゲーム目:109
 6ゲームするかどうか迷ったけど、フロアの料金表をみたら平日10時から12時までは500円って書いてあって、すでに2500円か~。結構するなあー。でも目標6ゲームだし・・・ってことで「次のゲーム」ポチっとした。
体力よりも集中力が切れてしまいスコア伸びず。


6ゲームほぼ休み無しで投げ続けた結果でわかったこと。
まっすぐ投げられるコツを習得。そしてなにより大切なのは集中力。構えてから投げ終わるまで集中力を切らさないこと・・これはとても重要かと思った。この一連の動作の中のどこかで「れ?」って思うものなら変な方向に流れてしまう。

ハウスボール・ハウスシューズでこのスコアってすげーわ。
ただ、ただ、ただいつかはクルンと回転するボールで投げてみたい気もするんだよね。なにせハウスボールは回らないから、直線しか投げられない。ムリに回転をかけるひともいるけどちょっと違うよね。

ハイスコアよりもまっすぐ投げられることを覚えたことは大きな収穫だった。また来ようっと。


お会計・・・1980円です。
え?安い。平日のモーニングサービスだかで1ゲーム、330円。
なんだこんなに安いなら果てるまでやればよかった・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください