久々にフィッシュアイレンズを持ち歩いた。

2020年7月1日(水)
久々にフィッシュアイレンズを持ち歩いた。をマイプロデュースしてみよう。

6月27日(土)梅雨時の休日は天気とのギャンブルだな。悪天時にカメラを持って歩きたくないもの。たしかに雨模様も絵になることはあるけど、できれば晴れてほしい。カメラのためにもね。

コロナで自粛生活なんてまっぴらゴメン。すっかりいつものように活動スイッチオン。

さて今回は久々にフィッシュアイレンズを持ち歩いてみた。いつ振りだろ?記憶にないくらい遠い時間。面白いよねフィッシュアイレンズって。正統派ではないのかもしれないけど異空間というか、パロディというか、でも見た目には普通に見えてしまったり。
まあ最近の動画撮影用のカメラのほとんどは超広角なものがほとんどだから見慣れた世界なのかな。

そんなフィッシュアイレンズを持って向かった先は、レインボーブリッジの芝浦南ふ頭公園。3月に初めて訪れて以来の二度目。
前回はゆりかもめ芝浦ふ頭駅からだったけど、今回はJR田町駅から歩いてみた。距離にして1.2km程度。20分少々かな。この時期のこの距離、暑い・・到着してリュックを下ろしたら背中はびっしょり。


NIKON Z7 + Z14-30mm
この日の天気予報は晴れだったけど結局晴れ間は出なかったんだよね。
まあ雨が降らなければ晴れにしちゃえ!?ってかんじなのかね。最近の天気は。

モヤっていて特別モノクロにしたわけじゃないんだな。なんとも言えない幻想的な雰囲気。東京湾の視界は良くなかったようだ。航行には注意。

全く同じ画角ではないけど、Z14-30mmと8-15mmで撮影したのを比較してみた。湾曲しているのがフィッシュアイレンズ。Z14-30mmも超広角なのでフィッシュアイ並の広角。

広角レンズって楽しいよね。


ほぼ真上を見上げたら橋脚まで写ってしまった。9.5mm(DX:14mmくらい) F8。おもしろい。

タグボートとレインボーブリッジ。
公園で休憩中にやってきたわけで、あっ!と思ったらこの状態。できれば上の写真のようにど真ん中に納めたかった。

全部入れてみた。15mm。

3月に撮影した際のもの。Z14-30mm 14mm。湾曲じゃない分ちょっと窮屈感がある。某コンテストに応募したら3次予選まで進んだ一枚だったんだけどね。


帰りは芝浦ふ頭駅からゆりかもめで新橋方面へ。
写真は最後尾車両の車窓。

この時間(10時半ころ)のゆりかもめ上りはガラッガラでこの車両には高校生くらいの4人組しか乗っていなかった。

この芝浦南ふ頭公園からのレインボーブリッジは季節や時間によって変化が楽しめそうだな。


またこよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください