ニコンZ7にアサヒペンタックス・スーパータクマーを付けてみた!

2020年8月1日(土)ニコンZ7にアサヒペンタックス・スーパータクマーを付けてみた!をマイプロデュースしてみよう。

え?ペンタックスにニコン?

まあ色々とオールドレンズを模索していたら、このアサヒペンタックスのスーパータクマーなるものが面白いらしいとの情報だったんだよね。
なので先月末に早速手配してみたわけ。

そして今日そのデビュー。

方や50mmF1.4、中古ショップのネットで10,500円。
此方28mmF3.5、ヤフオクで4,300円。

他に55mmってのがスーパータクマーでは人気のようだけど、自分には魅力無かったなあ。28mmはショップでは見かけることがなくヤフオクで落札することに。どちらもそれなりに使い込まれた程度にはなるけど動作には全く問題なし。


1960年台のレンズのようだから、今から50~60年も前のモノ?らしい。
オールド感が半端ない。
マウントはM42というねじ式。こういうの初めて。

ニコンに(ほぼ)最新機種に装着するにはこのマウントアダプタが必要となる。
K&FCONCEPT M42-Z 。
アマゾンで4,770円(もした。。。)

Zに装着するとこんな感じ。
28mmなのにこんなに長くなってしまう。
もちろん操作はフルマニュアルです。

他社レンズを使うなんて何年振りなんだろ。
最初は迷ったけど、そう投資額も大きく無いのでチャレンジしたわけだけど・・・

左上がスーパータクマー28mmF3.5
右上はニコン50mmF2
下がスーパータクマー50mmF1.4

マウントアダプタを装着するとこんな感じ。
FTZごっつい。まあ接点も連携するからね。M42のマウントアダプタは当然ですがスペーサーの役割だけです。



作例・・・


明確に感じたのは黄(黄変)かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください