真夏の装備、空調作業を着て撮影してみた。

2020年9月6日(日)真夏の装備をしてみた。をマイプロデュースしてみよう。

9月5日(土)台風10号が九州地方へ接近中とのことでその影響もあってこの週末は安定しない天気。土曜日は晴れ、日曜は雨模様との予報だったので土曜日は昭和記念公園へ行ってきた。

結局、この日曜日も午後の一瞬のみ雨で午前中なんてずっと晴れだった東京地方。だったら出かければ良かったと・・・ここ最近の天気予報って雨が降るか降らないかくらいの予報しかできないからアテにならないもんだ。
とはいっても午前中は雨!というのは隣の区や街は気象レーダーではほんとに雨だったようで自分が住む地域のみ晴れ間だったという。まあよくあること。


さて土曜日・・・この日も残暑厳しい暑さ。
この時期になってやっと真夏らしい装備を整えた。というのは

空調服というかファン付き作業服というかクーラースーツというか・・・
やっと手に入った。
バッテリーはベルトに通せるケース付き。実際に工事現場等の職人さんたちは作業の妨げになるためジャケットの内側ポッケに収納するのかと思います。
インジケーターの「8」は残量。9が満充電。
結局、5時間くらいつけっぱなしで残量は5。(途中、最小だったり最大だったり調整はした)

アイズフロンティア製。今日で二回目。
この手の製品はバートルのエアクラフトや空調服やマキタなどが有名で人気。
ただこの時期はすでにエアクラフトは売り切れなんですよね。ネット通販ではすっかり売り切れで入手不可。
これを買ったあとに近所のホームセンターに行ったら、ファンとバッテリー、長袖タイプは売っていた。半袖とベストは売り切れ。

実はこの空調作業服は今から4~5年ほど前に仕事で出展したイベント会場の内装屋さんたちが着ていたのを見たのが初めて。その当時は作業服にファンが付いているだけだったのものが年々おしゃれになり・高性能になり、長袖から半袖、そしてベストまで。
ファンの風量やバッテリーの小型化と持ちなど年々進化しているのかと思うな。
最近ではアウトドアをはじめバイクや釣りなどのレジャーでも使われるようになった。さらにレディースモデルなんかも出てるし。

我々カメラマンやシューターたちが着用したのを見たのは昨年の夏。ついにここまで来たかと思っていたわけで、今年は絶対に揃えようと・・・

ただ今年はコロナの影響で外出自粛、梅雨の長雨でなかなか猛暑にもならずで買うのを躊躇していたら、いざ買うというときには売り切れと・・・。

まあ初めてなのでとりあえずお手頃でそれなりに評判が良いものでいいやーってことでアイズフロンティアというメーカーのものを購入。全部セットで12,000円くらいだったかな。
作業服の良し悪しやブランドなどはまったく未知なのでよくわかりません。
力王の地下足袋、おたふくの軍手・・・くらいしか。なのでどこのメーカーがどういいのかは全く知らずでして。。
職人さんたちは必ず何かしらこだわりがあるのかと思うのですけどね。いいものを揃えているのかと・・・

ベストタイプを購入。長袖は腕を含めた上半身全体に風が流れ、半袖は脇、ベストは主に首へと流れる仕組み。
ファンは1~4段階。バッテリーはリチウムイオンでモバイルバッテリーより小型かな?モードにもよるけど最強で7~8時間。弱いモードで24時間とやら。

装着感は最高ですね。こりゃいい!
常に体内を風が流れるので気化熱の原理で汗はかくけどすぐに発散している感じ。ベストタイプなので背中から取り入れた空気を首もとと脇へ流れる仕組み。かがむとお腹や胸に風が流れるしとてもいいと思います。

直射時こそ風量は最大。日陰や歩いている時は3番め。休憩中は2番め。電車内とかお店のようにクーラーが効いているところだと1番めで十分。スーパーなんかは冷え込むくらい・・・笑

そしてなによりもインナーが重要。
綿素材よりは化学繊維のほうが汗が気化しやすい。真夏で屋外で写真撮影するときは化学繊維のインナーを着ると効果的。今日はこの撮影の為も考えて我らのニコンのポロを着ています。このポロ(ダイレクトニコンでも売っていると思う。2018ニコンファンミーティングで買ったもの)は素材がしっかりしていて型崩れせず&カッコいいです。生地は黒で胸元にはZのイラスト。袖にはNIKONのロゴ。Zの発売を記念してつくられたものかと。

そしてその下地にはエアリズムのような汗を発散する素材のインナーを着込んで肌に貼りつかないような構成。
完全に乾いている状態では無いにせよ装着しない従来に比べ格段と過ごしやすい環境なのである意味、疲れないかも・・・。

工事現場では作業服、保護帽、安全靴、そして最近では熱中症予防で空調服を着用していない場合は現場に入れないという場所もあるみたいですね。
それくらい重要なアイテムなんだと。
これで作業効率が格段にあがったり、熱中症で体調を壊す人など随分と減ったのかと思います。

外で撮影する人は是非興味をもってくれるといいな。
ちなみにこの日の昭和記念公園では自分のほかに2名いました。うち1名は女性。そう女性用もあるんですよ。


リュックを背負っていたらファンの部分がどうなのか不安ですけど、背中とリュックの間をファンが外向きになるので違和感はさほど感じません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください