風向きが変わらずでひたすらATCを聞いて過ごす。

2020年11月3日(火)風向きが変わらずでひたすらATCを聞いて過ごす。をマイプロデュースしてみよう。

11月1日(日)天気予報では夕方から南風となるとのこと。ニコンの軽い500mmを持って羽田イノベーションシティへ行ってきた。

天気は曇っているものの風はなんとなく南風のような、そもそも風が無いような微妙な天気。羽田イノベーションセンターへは今回で二回目。足湯のある展望デッキから南風運用、RW22への離発着機を狙う。

今年はこの南風運用ももう季節的にムリかな。なにせ週末カメラマンやっていると出会う確率も少ないわけで、平日日中に天気予報を見て、晴れ&南風。
レーダーをみたら東京湾内をぐるっと旋回中・・・ああ、南風運用じゃん。
そして15時過ぎには都心上空を。
帰り時間に都心上空から羽田を目指す着陸機を目撃することもあるのだが、なんだか羨ましくも思う。
まあ、そんな自分も休暇を取って現場で撮影することもありこんな光景を羨ましく思う方もいるわけで・・・。

多分、南風運用・・・もう今年は無い・・・と思う。

今日は最後の望みをかけて!と大げさすぎるけど期待は込めて・・・。


前回訪れたときは多くの人がいたけど今日はその半分くらいかな。シューターも自分も含めて最大で8名。最後は半分くらいだった。
ここに来る方々の多くはこのRW22狙いなわけだが、今日は風が南風っぽいのだが結局最後まで南風運用は変わらずだった。
なのでシビれを切らしたシューターの方々の多くは早々に引き上げていった。訪れたものの、来ないなーじゃあいいや・・ってT2あたりでも行ったんでしょうかね。

いつもの装備です。


今日の天気はこんな感じ。風は穏やかだけどどんより。雨は落ちないようだがパッとしないな。この道路をさっきバスで走ってきた。

駐機場。前回訪れたときより幾分少なくなっているような気がする!?稼働率があがったのかな。中にはずっと長期に渡っているものもあるかと思うけど、見た感じは出入りはあるようだ。

RW34Lへのビジュアルアプローチで降りてきたANA機。
あまりにも時間を持て余すため撮影してみたんだけど・・・これじゃ絵にならないか。

とにかく待つこと待つこと・・・

なので待っている時間はずっとATCを聞くわけだが、CLRもいいしGNDもいい。APRもいいし、DEPもいい。チャンネルが定まらないわけだがずっと聞いていたのはCLRとAPR。このふたつを聞いていればRW22への飛行機をワッチできるのだが・・・

離陸機はRW05か34R。着陸機は34L・R。

結局RW22への利用はなし。
16時頃を目処に退散となりました。

でも面白かったのが、海外の航空機かな離陸後DEPに引き継がれるのだが、「コンタクトDEP!」「DEPの周波数はなんぼ?」「126.0でっせ」みたいな・・・知らないものなのかというか、聞いちゃえば早いか・・・ってこと?
あとは管制もパイロットも女性とか。いまや女性の管制官もパイロットも珍しくはないのだが、同時に交信しているのを聞くとなんかいい。

帰る間際に唯一!B滑走路に飛行機が・・・JALのB78がトーイングされ駐機場へ運ばれていった。
普段はこんなの撮影しても面白く無いのだが、なにも収穫がなかったのでこんな一枚もメモ代わりということで・・・

多分、もう南風運用に巡り会えることはないかな。また来年、暖かくなってからか・・・南風運用で試してみたことと言えば、まず軽い500mmを色々と試してみたいので


・羽田イノベーションシティからRW22運用を撮影したい。
・つばさ公園北端からRW16Lへの着陸機を撮影したい。
・つばさ公園からRW16Rへの飛行機を風景として撮影したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください