羽田ソラムナード!?・多摩川左岸行ける所まで行ってみた。

2021年4月14日(水)羽田ソラムナード!?・多摩川左岸行ける所まで行ってみた。をマイプロデュースしてみよう。
4月11日(日)うわーーーっスゴい!いい天気。なんとも心地よい・・・こんな日に羽田の多摩川河口近くにて写真撮影。飛行機写真よりもこの心地よさがなんともいえない癒やし。いつまでもいられるような温かくて優しい天気でした。

さてマイカー(自転車)で羽田イノベーションシティを通過し、ソラムナードを越えて到着したのは多摩川左岸の果て。行ける所まで行ってきた。時間にして50分くらいかな。多摩川の土手をほぼノンストップで来れるのはいいなあ。


P330

本日の装備品。Z6Ⅱ+FTZ+500mmF5.6 +x1.4。飛行機撮影のオーソドックスな撮影スタイル。
最近、GOPROも持ち歩き動画も撮るようにしているが、なにせ古いのでバッテリーが持たないんだよね。そろそろ買い替えかどうか迷うのだがプライオリティは低め。

NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 DX x1.4 MODE:M 1/1600 F8 ISO:250 PC:SD WB:SUNNY (AF-C)

東京モノレール。
今日の目的は多摩川左岸河口へ行ける所まで行くのと、もうひとつの目的はAF-SとAF-Cの違いを試してみたかったこと。AF-Sはオートフォーカスでシングルモード。主に停まっているものを撮影するのに適したもので、AF-Cはコンティニュアスモードで動きのあるものに適したもの。飛行機やモノレールのような動きのあるものは後者なのだが、AF-Sじゃダメなのか?いや何がよくて何がダメなのか試して見たかったというのがあった。


P330

訪れた多摩川左岸河口の果て。これ以上は行けませんという場所。ちょうど正面にA滑走路の赤く誘導灯が見えるわけでその上空から着陸にかけての飛行機を撮ろう!と思った。フェンスの上からでも間からでも狙える。


P330

振り返るとこんな感じ。バックパックとマイカー。河口で海辺なのにほんと穏やかな天気で居心地は良かったなあ。風があると体感的にまだ寒く感じるからね。この日の空港情報は

P 0500 ILS X RW34L / HIGHWAY VISUAL RW34R
DEP RW05/RW34R
LAND RW34L/RW34R
WIND 050-4kt
TEMP 16℃
VISIBILITY 35km

気温が16℃で風が4ノットだもの過ごしやすい。午後から東南の風になるとの予報だったので新南風運用に切り替わったらソラムナードかイノベーションシティへ行くつもりだったけど結局は北風運用のままだった。


NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 DX x1.4 MODE:M 1/2000 F9 ISO:400 PC:SD WB:SUNNY (AF-S)

もやもやっとした眠たくなる写真だな。この写真はテレコンx1.4付けてAF-S。
たまにモヤっとした写真になるのはAF-Sだから?AF-Cだから?

NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 MODE:M 1/2000 F8 ISO:250 PC:SD WB:SUNNY (AF-S)

と思ったら、なんとその眠くなるのはAF-SでもーCでもなくx1.4のテレコンが原因と判明したんだよね。いまさら・・・テレコンはしょっちゅう使うけど汚れなのかな?


P330

東京モノレール好きだな。たまに会社帰りに羽田へ寄る際はモノレール。しかもモノレールは羽田に向かう便が好きで、浜松町へ向かう便はちょっと寂しさを感じるので好きじゃなかったりする。

NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 MODE:M 1/2000 F9 ISO:320 PC:LS WB:SUNNY (AF-S)

これもテレコンなしのフルサイズ。AF-S。目が覚めるようにクッキリしたドピンちゃんだと気持ちが良い。
そしてANAの格納庫前にANAの飛行機を・・・。

NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 MODE:M 1/2000 F9 ISO:320 PC:LS WB:SUNNY (AF-S)

ANAの格納庫前をJALの飛行機が・・・こうやってみるとスレッすれを通過しているように見えるのは錯覚。おおよそ飛行機までは700m近く。さらに格納庫までは600m弱なんだよね。

NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 MODE:M 1/2500 F8 ISO:320 PC:LS WB:SUNNY (AF-S)

これもAF-S。なのでAF-SもーCもあまり変わらない。距離にして700m弱の位置を横に移動する飛行機だけどシングルでもコンティニュアスでもピントは合うのね。

NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 MODE:M 1/3200 F8 ISO:400 PC:LS WB:SUNNY (AF-S)

気象レーダーと航空レーダーをマッチさせた。飛行場らしい絵だな。

NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 MODE:M 1/3200 F8 ISO:400 PC:LS WB:SUNNY (AF-S)

スカイマークの格納庫前にスカイマークの飛行機を。手前の木々が邪魔になっちゃうけどね。

NIKON Z6Ⅱ+FTZ+500mm F5.6 MODE:M 1/4000 F8 ISO:400 PC:LS WB:SUNNY (AF-S)

そして最後のおまけもANAのANA。A321NEO。エアバス機ってほんとかっこいいなあ。


というわけでモヤっとした写真の原因はテレコンの影響だったということが判明。使い慣れたつもりだったけどレンズの汚れなのかな。それともテレコン装着時はそれなりの設定時があるのかな。たしかに1段分プラスはわかるけどね。なのでF5.6通しなのでF8になるのはわかる・・・でも眠たくなるのとは違うような気がする。

そしてAF-SとAF-Cは変わらない・・・

すくなくとも被写体までの距離が700m程度先を150ノット(時速280kph)で通過するものを捉える分にはどちらも変わらないってこと。これがもっと身近で速いと違いが出てくるのかと思うな。

そしてなぜAF-SとAF-Cを比べたかったというと、フォーカスポイントなんだよね。AF-SはAFロックされた時はファインダーが緑色に変わるのに対して、AF-Cは赤いまま。多分これはZからの仕様なのでがどうしても気持ちが良くない。ロックされているのか否かがわからないままシャッターを切ることになるのがどうしてもね。まあすでに慣れちゃっているけどやはりフォーカスロックがかかったら緑色に変わると気持ち的に安心なんだよね。これはユーザーから改善に関する意見とか出ていないのかしらね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください