羽田サンライズチャレンジ4!・京浜島つばさ公園へやってきた。

2021年12月12日(日)羽田サンライズチャレンジ4!・京浜島つばさ公園へやってきた。をマイプロデュースしてみよう。

12月4日(土)羽田サンライズチャレンジも第4弾!今回は京浜島つばさ公園へやってきた。なにせここ京浜島つばさ公園へは初めてのサンライズチャレンジなのでどういう段取りで撮影するかは未知。せっせこ自転車こいで到着したのは6時ちょうど。寒いけど風が無いだけでもありがたい。風があると体感温度がぐんと下がるので今朝は楽だな。穏やか~。

京浜島つばさ公園へはよく訪れており今年で11回目。最近は11月14日に訪れていた。京浜島つばさ公園へは大森から京浜島循環のバスが便利だけど、自転車で来るようになってからは割と頻繁に来られるようになった。

本日の装備品(写真が無い)はZ6Ⅱ+500mmF5.6 + x1.4Ⅱ

6時過ぎ頃から釣り船は出港。早いなあ。このまもなく日の出の時刻の景色がいい!朝日ってありがたい。

東屋。まだライトアップ中。もちろん先客はなし。だけど、実は海側には釣り人が何人もいて驚いた。ここ京浜島つばさ公園も釣り人のメッカみたいなものだから、天気のよい休日なんかはいつも賑わっている。

駐機中のA350。このあとトーイングカーにドナドナされて仕事に向かった。


500mmだと近すぎた。そうだったか~って感じで、ここ京浜島つばさ公園へは500mmはあまり適していない。いつもは80-400mmとか新南風運用では超広角レンズとなるため500mmは持て余す。けど、あくまでもこのアングルにこだわった場合・・。ツインタワーが宮殿みたい。

そしてAランに降り立つ飛行機。こういうアングルは羽田でもここだけだな。かつてあったRW34Lから離陸する早朝便のハミングバード。朝の3便しかない便でT1デッキからの富士山バックやここ京浜島つばさ公園から真正面でのエアボーンシーンなど撮影できたんだけど。

そして日の出となり狙えたのはこのアングル。ははーん、なるほど、そういうことか・・・D滑走路からの離陸機を真横に狙い、バックに日の出とはね。てっきりA滑走路ばかり気になっていたのでこのアングルに遭遇したのにはちょっと感激した。

写真の右の建物は多分、空港警察署ではないかと思う。

こういう寒い季節だからこそブラストが映っていい感じになる。これは追求しがいがあるなあ。
ただそう簡単なわけでもなく、なにせ離陸機はローテーションのタイミングが便それぞれ異なるので難しい。しかも太陽はあがっていくし・・・

設定もよくわかっていないので色々と触っている最中に飛行機が離陸していく。この間にも何便も逃してしまった。

C滑走路からの離陸機。この頃だったかと思うけど無線の電池がエンプティ。シューターあるある。なのでC滑走路からの離陸機はジェットの音が迫ってくるので把握できるけど、D滑走路の飛行機は全くわからなくて運任せになってた。まあ仕方ない・・・。



定番の富士山。この後さらに真っ赤に染まるんだよね。

どこからともなくネコがやってきてた。寒いから日差しがありがたいんだろうね。ここもそうだけど城南島もネコが多い。ただし人が多く訪れる時間帯は木陰などに隠れていて、この時間のように早朝にちらほらと出没するんだよね。どちらも不妊手術済の耳だった。お腹空いているのだろうねえ。


いやあ、サンライズ初めての京浜島つばさ公園。こりゃー撮りがいがあるなあ。また来ようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください