やっとのことでディスプレイを4K対応にした。

2022年5月14日(土)やっとのことでディスプレイを4K対応にした。をマイプロデュースしてみよう。

その題名のとおり、パソコンの液晶ディスプレイを4Kにした。やっとのこと・・とは大げさかもしれないが写真画質を表示するのにはやはり高画質が欲しかったわけで、人から言わせれば

写真やっているのに今更・・・ と驚かれる。

まあそうだよなあ。1080だとどうしても物足りなさがあるもの。かといって1440だと半端なわけで思い切って4Kデビュー

仕事場ではメインのオフィスでは27インチの1080(FHD)を、セカンドオフィスでは4Kを使っていて自分が撮影した写真やウェブサイトをみると格段の違いがあるのは明確だった。
自宅ではメインオフィスと同様の1080を使っていたわけで使い勝手や色味などは共通だったので良かったものの、やはり写真となるとね・・・。


メインオフィスと自宅で使っていたモデル。若干型番は違うけど、縦位置に自在変化できるモデル。上下に調整移動できるのは良い。

iiyama(マウスコンピューター)はずっと使い続けてきたメーカーなのだが、今回導入したかった4K、27インチ、ゲーミングとなると該当する製品がなかったので断念。


セカンドオフィスで使っているのがフィリップスのこのモデル。CADや動画編集など最適。4Kなのでとても繊細でキレイ。このディスプレイで撮った写真をみると1080と雲泥の差があるのですぐにわかる。


そして今回導入したのがこのIO-DATAのGigaCrystaシリーズ。量販店向けのモデルではないみたい。4K対応でゲーミングディスプレイ。
4Kディスプレイメーカーなんてたくさんあるのだが、PCラックに収まること、4K、ゲーミング、リーズナブルと揃うとIO-DATAのこのモデルが該当。
あとは会社でも使っている人が多く、とくにトラブルなども起きていないようなので選択肢となった。


昭和記念公園で撮影したネモフィラとミツバチ。
4Kだと写真が上手になった気がする。

これでまたひとつ写真ライフが楽しくなった。少しは上手になった気持ちにもなるなあ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください