サンタバルカ号にて羽田空港RW22アンダージェット!

2018年4月29日(日)

サンタバルカ号にて羽田空港RW22アンダージェット!をマイプロデュース!

いつもの横浜大桟橋埠頭からサンタバルカ号を利用して羽田空港沖へ。
サンタバルカ号は先日の4月12日に工場夜景で利用した他、羽田空港沖へは3月11日以来。
前回はまだ冬風でA、Dランのいつものパターン。

今回はここ最近の暖かさで夏の空気へ切り替わり、海側へ離陸する方式へ。


[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=xA9pfe_r3Ns[/embedyt]


みなとみらい線の日本大通り駅から象の鼻パークを軽油して大桟橋へ。象の鼻パーク埠頭にはサンタバルカ号が準備中だった。ここが常置場所のようだ。


本日の装備。D500 + 8-15mm FishEye or 70-200mm


京浜運河から多摩川河口に出る辺りで「ぱしふぃっくびーなす」と遭遇。ちょうど東京港に入港してきた。この日の夕方に名古屋へワンナイトクルージングを行うみたい。1泊じゃねー。せめて7日くらいはのんびりしたいわ。


D500 + 8-15mm FishEye 1/1500 F9.5 ISO200 8.5mm 晴天

 

D500 + 8-15mm FishEye 1/350 F19 ISO200 9.5mm 晴天

 

D500 + 8-15mm FishEye 1/1500 F9.5 ISO200 9.5mm 晴天

D500 + 8-15mm FishEye 1/350 F22 ISO200 11mm 晴天

D500 + 8-15mm FishEye 1/2000 F6.7 ISO200 9.5mm 晴天

久々にフィッシュアイを持ってきたけど、最初は迷ったんだよな。多分いつもどおりAランとDラン付近のみかと思ってたら、船長さんが「今日はBへ行きますからね」って言うんだよ。いやいやBとDの間違いかと思ってたら本当にBまで来ちゃったもんね。大桟橋からここまでって結構あるんだよ。軽く50分近くかかったような。でもありがたいねえ。まさにアンダージェットだもの。

ここまでアンダージェットだと飽きるまで何度も色々な構図で撮り続けたいところ。フィッシュアイを持ってきて大正解!


D500 + 70-200mm 1/1500 F8 ISO200 200mm 晴天

D500 + 70-200mm  1/1500 F8 ISO200 200mm 晴天

ズームレンズで撮影するオーソドックスな絵。まあよくあるやつだね。あまりおもしろくない。


D500 + 70-200mm 1/2000 F8 ISO200 200mm 晴天

城南島海浜公園。夏真っ盛り!って感じでメチャ混みだね。暑い日の休日なんかは来ないほうがいいわ。みんなゴミ拾いしているかと思ったら潮干狩りってやつ。え?ここのは取って食べても平気なのかしら?ちなみに遊泳禁止です。

帰路、昨日訪れた浮島町公園を眺める。200mmじゃ足りなくてよくわからないけど、昨日よりはシューターは少ないみたい。

ジャパンマリンユナイテッド鶴見工場のドッグにはなんと南極観測船「しらせ」が停泊していた。思わず声をあげてしまった。

さすがにBラン往復だったせいで到着予定時刻の11:30を大幅に遅れての到着。11:50くらいだったかな。できれば現在の2時間から3時間くらいはあってもいいんだよな。もっと長い時間Bランのアンダーで撮りたかった。


[amazonjs asin=”B071J86R6M” locale=”JP” title=”Nikon フィッシュアイズームレンズ AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED フルサイズ対応”]


次回、サンタバルカ号を利用するのは夜景かな。本牧ふ頭から八景島方面へ向かう夜景ツアーが水曜日に出港するようなので、5月中には利用してみたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください