成田山へ行って新勝寺とうなぎの川豊へ寄ってきた。

2019年7月13日(土)
成田山へ行って新勝寺とうなぎの川豊へ寄ってきたをマイプロしてみる。

この夏は絶対に美味しいうなぎを食べに行く!って決めていたわけで今月にするか来月にするか決めかねていたのだが、今週は会社の同僚とうなぎネタで盛り上がってしまいついに決行となった。

都内でも美味しいうなぎ屋なんていくらでもあるのだが、せっかくなら成田か浜松か・・・。浜松はさすがに遠いので成田へと向かったわけだが

成田って案外遠いよね。
ちなみに都南在住だと成田空港自体がもう行く気ねー みたいな距離なので覚悟が必要。その代わりに羽田はすぐに行けるので楽なんだよね。

なんだかんだ3時間近くかかって成田着。東京駅から千葉を目指すのだが、総武快速線のホームも千葉方面と鎌倉方面と分かれているくせに、列車によっては鎌倉方面から千葉方面へ行く電車もあるので、あがったり下がったり。
時刻表を眺めていて次の電車を探していたら、JRの方が「何かお困りですか」と声をかけられる。「成田へ行きたいのですけど、ここのホームから千葉行で良いのでしょうか?」と聞いたら「こっちは鎌倉方面だけですよ」って言うもんだから「さっき千葉行出てましたけど・・・」「あ、たまにえーと、これと・・・これかー。基本的にはあっちのホームですね」っと・・・・

そしてまたあがったりさがったり。成田空港行きはいまから30分以上も先なので、すぐに乗車できる千葉行きに乗車。

千葉からは成田線で成田へ向かう。もうここまで来るとローカルだよね。
帰りにも思ったのだが、この成田って駅は成田空港とはそんなに縁がないような感じで駅にすれば隣なのだが、アクセスとしては単純ではない。
なので千葉から成田空港ってのも特急成田エクスプレスなら1本で行けるが、普通だと途中のどこか(四街道とか)へ乗り換えとなるし、京急~京成で成田ってのもてっきり成田空港の途中かと思いきや路線が違っていたりして、初めて気づくことが多くて驚く。


NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 26.5mm 1/250 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

成田山の門?に到着。駅から徒歩10分ちょいくらいなのかな。参道を下った左手にあります。やはり不動尊の総本山だけあって賑わってますね。
よく訪れる門前仲町の深川不動堂も本山はこちらなんだよね。なのでいつもは支店に訪れているようなもので、今日はついに本店へご来店!?みたいな。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 30mm 1/320 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

門をくぐるとこんな感じ。灯籠がたくさん。夜になると灯るのかしら。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 24mm 1/640 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

大本堂。この中で参拝となります。
その前に手水舎、香閣( 香炉 )でお清めをします。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 35mm 1/500 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

大本堂で参拝したあとは出世稲荷へ行ってみた。気になるわ。
写真は出世稲荷の道中に振り向いたもの。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 24mm 1/40 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

お供え物を購入。なにせ稲荷ですからねー。
お願い事をする場合はお揚げを。このセットで500円。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 24mm 1/40 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

稲荷かー。
まさかお稲荷さんの世話に縋るとは・・・ただホント商売(仕事)に悩みがあるのでここはお稲荷さんの力も借りたいのがホンネ。ロウソクに火を灯し、お稲荷さんとお揚げを供えます。

合掌一礼

稲荷さんの力には過信は禁物。山の怪談話が好きでよく読み漁ったものだけど、このお稲荷さんってのはちょっとクセもので、こうやってお供えし参拝しお願い事を伝えると、お稲荷さんが気に入った人には商売繁盛や出世の道を与えるのだが、ここでしっかりと感謝の気持ちとお礼に訪れることが大切。
でもここでさらにお願い事を行う場合は以前より多くのお供えを求められ、さらに上へ上へと・・・だってそれだけ商売繁盛しているのだからお供えだってそれなりにじゃんってのがお稲荷さんの気持ちなのかな。
もし仮に散々お願い事だけしてお礼も何も行わないとなると・・・それはそれはお稲荷さんの怒りに触れるかどうかはわかりませんが、いつか化けて商売や仕事につまづくような事も起きないことはないのかも。

精一杯の最善のほか、お稲荷さんのご利益を!?


NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 24mm 1/160 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

ウラにはたくさんのお稲荷さん。この金属の囲いってなに?
触れないように?逃げないように?

お前は何がのぞみなんだい?叶えてあげようか?
ちょっとお稲荷さんパワーに圧倒されてしまうなんとも言えない空気感。

霊感は全く気にしないほうなんだけど、ほっこりするところと、なにか緊張感が高まる(鬼太郎の霊気を感じるみたいな)ことはあるな。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 26.5mm 1/640 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

狛犬。迫力だね。でもどこか可愛らしい。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 26.5mm 1/640 F8 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

仁王門、金剛二体と裏には二天が鎮座。メモしてくればよかった。


NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 25.5mm 1/320 F5.6 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

そしてうなぎの川豊へ。整理券をもらったら入店までの待ち時間が約40分。入店後は15分ほどとのこと。大盛況だよね。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 49mm 1/160 F5.6 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

うなぎ裁き中。手早くうなぎが開かれていきます。よく見ると残すところ無いんだよね。うなぎの血には毒があって目や傷口に入ると大変なことになると聞くが職人さんは特に気にしないのかな。ずっと見ていられましたね。
これに串が打たれ、蒸され、焼かれ・・・・楽しみだ。


NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 30.5mm 1/320 F5.6 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

お品書き。うな重にするか上うな重にするか迷った。
右手では焼いてます。いい香り~

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 24mm 1/15 F5.6 ISO:400 WB:AUTO PC:NL

うなぎ1匹食べちゃお!ってことで上にしました。もちろん肝吸いはデフォルト。3600円+100円=3700円。多分、お昼代では自分史上最高額だと思う。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 28mm 1/320 F5.6 ISO:AUTO(1000) WB:AUTO PC:NL

テーブルに案内され、銀色のカートンの上にチケットを置きます。一人なので1Fのテーブル席で相席。ぜんぜん相席OK!このなんだか分からないけど相席の連帯感ってイヤじゃないんだよね。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 27.5mm 1/30 F5.6 ISO:AUTO(900) WB:AUTO PC:NL

さっきのチケットで注文を取りに来る際におしぼりと割り箸を置いてってくれます。多分、このセットが置かれた方は注文請済みってことなんだと思う。店員さんはテキパキで丁寧ですね。若いバイトの子も多いけどイキイキしてます。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 24mm 1/25 F5.6 ISO:AUTO(3200) WB:AUTO PC:NL

待つこと10分少々かな。来ました来ました。上うな重と肝吸いです~。肝吸いはお熱いのでお気をつけください~。とのこと。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 27.5mm 1/30 F5.6 ISO:AUTO(2000) WB:AUTO PC:NL

じゃん!でたー
上うな重 ひゃほーい 何この絵力最高だね。さっきまで店先で裁かれていたうなぎがこうなったかー なんだか感慨深い!?

ひとくち 柔らかくてほっこりするわ。めちゃうまーーい。
魚食べてる感・・・いや普通なんだけど、今まで食べてきたうなぎって佃煮みたいな感じだもんな。
しかもこのうなぎのタレが思った以上に薄味なのも驚く。あっさりしていて香ばしくて焼き魚感が・・・なんだか表現のレベルが低いのだが、魚だわ。

締メは肝吸いのキモを食す。

NIKON Z7 + 24-70mm(Z) 24mm 1/25 F5.6 ISO:AUTO(2000) WB:AUTO PC:NL

うなぎ1匹 完食。
山椒のシビレを感じながらほっとひといき・・・

あーあっという間だったわ。普通に仕事中の昼と同じ感覚で食べてしまった。
でもね、ほんと美味しかったなあ。 満足でした。

ちょっと高いけど年に1度くらいはいいのかな?


その後は成田空港まで行き、そこから東京駅までのバスで帰ることに。

その成田から成田空港って隣駅なのに不便なんだよね。JRも京成もそうバシバシ電車が走っているわけではなく20~30分に1本なんだもんね。ちょっと驚き。最初は京成成田に行ったわけで、京成だったら地元!?なんだから本数も多いかと思いきや20分少々待つってことになって、じゃあJRってなるとこちらもまた30分ほど先だから、また京成に戻ってと・・・・

乗ったと思ったら次の駅だしね。

事前情報ではT3始発の京成バスで1000円というのを乗るためにバス停探していたら、T2の2番乗り場を発見。どうやらここからも乗れるようなので、係の人にスマホでWebサイトを示して「東京行の京成バスはこのバス停か?」って聞いたら、「予約なしですか?予約しないと乗れませんよ」って言うのだが、「2019年3月で成田発は予約なしで乗れるって書いてますけど」とスマホを見せるのだが、あっさり「他社はわかりません。ここじゃないんじゃないですか」と・・・え?どういうこと???

目の前に停車中のバスは「京成の東京行」ってなっているじゃん。しかもバス停の時刻表はこのスマホの画面と同じじゃん・・・

まあ何を言っても通じなさそうな感じのお兄さんだったので、T3へ向かうことに。

T3の1番乗り場にてチケットを購入。すでに並んでいるバスは残席が1だったので、次のバスのチケットを購入。並んでいるひとがすべて乗車して出発かと思いきや、係の人に声をかけられ、どうぞこのバスにご乗車ください。とチケットの時刻を書き換えられることに。

写真では左手はリムジンバスの券売機(スイカ使えます)。ただリムジンバスは3000円くらいするのね。危なく購入しちゃうところ。京成は右手の券売機ね。こっちはスイカ使えません。

1本早いバスに乗車して向かうのはT2,T1と経由することになるのだが、想像の通り、T2の停留所にはさっきのお兄さんがいるではないか。
目と目があったらバツの悪そうな感じだったわ。笑
新人さんだったのかな。ちなみに京成(KEISEI)のシャツではなかったのでバイトさんかしら。

T1を出発して運転手さんから「補助席をご利用のお客様・・・云々」
え?ってことは、本来乗るべきバスの便の時刻を書き換えられ乗ってしまったために誰かが補助席を利用することになった?
まあどうでもいいか。

バスは満席御礼。やっぱり1000円で乗れるのは人気だよね。
帰りは爆睡。ほぼ時間通りの60分で東京駅着。

なんだかんだうなぎを食べて成田駅近辺をうろついて、成田空港経由で帰宅したら軽く3時間かかったわ。


そだな。改めて成田山新勝寺のWebサイトを見たら境内は広く散策ポイントも多いみたいんだな。次回があるならもっと時間をかけて回ってみたいかな。そしてちょっと早めのお昼時間に川豊の整理券をもらって参道を散策するのもいいか。


4,052文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください