北海道アウトドアツアー2017 5日目 その3 雨竜沼湿原 下山

2017年9月26日(火)

北海道アウトドアツアー2017をマイプロデュース!

5日目 2017年9月11日(月) アウトドア「雨竜沼湿原」・旭川泊

さて湿原テラスで休憩したあとはいよいよお別れですね。もっと天気さえ良ければ最高だったのに。まあアウトドアに天候の左右は仕方ない。かつてはカッパ来て下山寸前まで一人で雨竜沼湿原散策って時もあったなあ。下山を始める頃には晴れてきたけど、この湿原を人類たった1名っていう時間がいくら天気が悪くても最高な時間だったわけで、風の音、草木が擦れる音、自分の鼓動のみという時間・・・・
無いでしょ。そんな時間って・・・・色々な思い出たくさんの雨竜沼湿原。

さあ下りよう


1235 湿原テラスに戻ってきた。ここを出発したのが1100だったので1時間半以上もうろうろと散策していたわけで、たくさん写真撮ってましたね。


1251 湿原テラス出発。この後に1組2名、湿原入り口付近で1組4名とスレ違いました。
このテラスで休憩する時間がなんとも言えないんだよね。かつてはテルモスにお湯を入れて温かいコーヒーを飲んだりしてましたっけ。って思い出したけど、北海道の秋は冷える時もあるのでお湯もいいなあ。なお火は使えません。


山アジサイ。山アジサイってどうしてこういう形なんだろうね。どこからが花でどこからが葉っぱでシベなんだろ。


時折、このような湧き水エリア?があります。


コマルハナバチ 吸蜜中。


コマルハナバチをずっと観察してました。温厚で可愛らしい。ずっと見ていても飽きないけど、ずっとレンズを向けすぎていたのか気になったコマルハナバチはこっちにターゲットを向けて飛んで来るんだよね。ぶーーーんって。
さっきから何か用ですか?ってな具合に・・・ いやその・・・・
まあ何か攻撃されたり刺されたりすることは無いので普通にその場を去ればへっちゃらなんだけどその小さな目を目があったような気がして。笑


白竜の滝。見える場所は三段階になっていて、写真は最上位。コース上に普通に下りられる場所がありますが、山側はロープ場になってます。そしてさらに下になると一番下の滝壺間近へ。行ったことはありませんけど。
いつかは滝壺まで下りてみようっと。


1417 帰還。右手の芝生エリアがキャンプ場。かつては賑わっていたようですが、最近は利用する人はほとんどいないらしいです。右の建物が炊事場ですね。その左隣がトイレ。


テントを貼るよりこの南暑寒荘を利用する人のほうが多いようですね。お湯を沸かしてカップ麺でも食べるだけでも違うんだろうなあ。さぞ美味いことでしょう。
入山届の控えを管理棟の前のポストに投函して終了。

車に戻ってくるとホッとしますよね。


1445 ゲートパーク出発。

途中、尾白利ダムの手前付近で重機を積んだ大型トラックとスレ違い。国領小中学校跡碑の付近で河川の護岸工事を行っていたのでその現場へ向かうようだけど、このダートの狭い道にトラックがくるとは思わないから焦るね。
まあ、退避地点までバックしたけど・・・・

R12を北上して旭川へ戻りました。


走行距離 148.6km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください