2019秋 ニコンZ6と行く北海道撮影旅行記 5日目 その3 安平町:道の駅あびらD51ステーション「じいさん、またな。」

2019年10月22日(火)
2019秋 ニコンZ6と行く北海道撮影旅行記 5日目 その3 安平町:道の駅あびらD51ステーション「じいさん、またな。」をマイプロデュースしてみよう。

9月24日(火)最終日。えりも岬を出発したあとはのんびりR336、R235と西へ進む。まずはすでにお昼時なのでえりも町のセブンイレブンで仕入れ。商用車や工事の作業の方で駐車場はいっぱい。
田舎町での仕事は食べる所が限られてしまうから広い駐車場があるコンビニは便利だよな。
その後は途中の道の駅で休憩&給油しながら千歳へ向かうものの、ちょっと早い。

返却は17時なのだがまだまだ15時台。軽く1時間以上はある。
じゃあ、安平の道の駅へ行こう!となった。むかわ町のガソリンスタンドから道道10号を北上し厚真町を抜け安平町へ。
なにせこのあびらの道の駅は新しすぎてナビには無いんだよね。なのでなんとなく安平町のこの辺りだろうってことを指定して進む。
っしかし厚真町は例の地震の影響で道路が凸凹なところもまだ多く残っていた。ジャンプするんじゃないかってくらいの箇所もあった。
東日本大震災の時の宮城の道路のようだった。
すべてを補修するまには相当な時間がかかるんじゃないかな。

初日にこのR234を走っていて偶然に見つけたあびらの道の駅。手がかりは「この先、道の駅オープン。渋滞注意」というようなほぼ手書きのような看板。それを見て、「新装オープンの道の駅があるんだ」と。
道道10号からR234に出て、右なのか左なのか一か八かだよなあ。

改めて辿り着いて分かったが安平町(安平の駅)を目指すというよりはその北にある追分(駅)に近い場所なんだな。なのでR234に出て北上するものの、結構な距離(10km程度)を走るわけで、良いのか悪いのか心配になってしまった。


到着し改めて返却時間を確認したら17時半だったわ。じゃあ少し余裕ができたのでゆっくり過ごそう。

NIKON Z6 + 24-70mm(48mm) MODE:A 1/50 F8 ISO:AUTO(220) WB:晴天 PC:SD

平日夕方なので前回よりも空いている。SLのシャッターは解放。だけどキハの内部はメンテナンス中とのことで立ち入り禁止になっていた。

NIKON Z6 + 24-70mm(24mm) MODE:A 1/25 F8 ISO:AUTO(2200) WB:晴天 PC:SD

改札口。いい雰囲気だよな。

NIKON Z6 + 24-70mm(24mm) MODE:A 1/25 F8 ISO:AUTO(3600) WB:晴天 PC:C20

カーボンで撮影してみた。レトロ感増す~。でもピカピカにメンテナンスされているので古さは感じない。もう80歳なのに。

NIKON Z6 + 24-70mm(24mm) MODE:P 1/25 F4 ISO:AUTO(450) WB:晴天 PC:C20

まだまだ10年でも20年でもずっと大事にされたい。
そして、え100年も前の・・・って声がかかるんだよね。

NIKON Z6 + 24-70mm(24mm) MODE:A 1/25 F8 ISO:AUTO(4500) WB:晴天 PC:MC

見学していたら、自分の親くらいの年齢の方々が訪れていて「えーこんなに大きかったっけー」「そうよ、こうやって(大きさを表現)汽車の前を通って乗ってたもの」「この近くからは熱気を感じたんだよなあ」みたいな言葉が聞こえた。

なんかいい瞬間・・・。
きっとこのD51320もそういう懐かしいこと言われると嬉しいはず。


NIKON Z6 + 24-70mm(24mm) MODE:A 1/25 F8 ISO:AUTO(3600) WB:晴天 PC:MC

じゃあまたな じいさん・・・

北海道に訪れる際は必ず訪れるよ


返却。4511km。出庫の際が2663kmだったので差し引き1848km。5日間での走行距離なので結構走ったかな。1日平均369km。なんか大型トラックの走行距離みたい。

給油は5回、86L。平均燃費は21km/L ほど。

事故なく無事に返却。相変わらず虫だらけだけどね。

走行距離:419km 全走行距離1848km
撮影枚数:109枚 トータル525枚

来年もまた訪れることでしょうね。
撮りフェスにも参加したいしなあ。次回は道南の函館エリアから日本海方面を旅してみたいかな。


2019年の旅の目標としてあとふたつあるんだけど・・・・実現はひとつだけになりそうかな。
ひとつ目は徳島へ行く。もうひとつは船旅をする。どちらも難しそうだけどどっちでもいいからクリアしたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください