羽田空港T2デッキにてNIKKOR Z400mmF4.5で撮影してきた。

2023年1月22日(日)羽田空港T2デッキにてNIKKOR Z400mmF4.5で撮影してきた。をマイプロデュースしてみよう。

最近は色々なところから梅の開花の便りが届きこの週末も春の気配を撮影しに行きたいところだったのだが、先週ストレッチをしていたら背中、右肩甲骨のあたりから異音がして背中が痛い・・・なんてこった。腕もあがらず深呼吸もできずで週末はすべて自粛となった。ロキソニンテープを貼って少しは良くなってきたのだが色々な意味で辛い。

そういやCP+2023ハイブリッド開催で決定。いや楽しみだわね。昨年はずっとネットで観ていたわけだけどやっぱりリアル開催は行うべき。昨年の2月の段階だとまだ微妙だったのかもしれないが今年はもう問題ないだろ。今や屋外は当然のこと、屋内でもマスク不要論が出てきているわけだし、企業でも得体の知れない衝立の廃止、マスクレス、体温測定の廃止なんかの方向に動いているところも多くなってきた。
先日訪問した企業では今年から体温測定と衝立を廃止。マスクの着用は個人の自由に任せるとのことだった。

今回は訪問する日を指定して申し込むようだが、とりあえず全日申し込んでおこう。

期待薄だけどZ8とか発表あるかな。多分無いと予想・・・
次期ニコンの新カメラで最も有力視されているのがZ8らしいね。あとはZ6Ⅲ、Z7Ⅲと。
日本の情報よりも欧米の情報のほうが盛んで、先日開催されたCES2023で何かしら発表されるのでは?と期待も高まっていたが何も無く。となると次回の大きなイベントなのがCP+。期待は高まるがどうなんだろ。

USの情報では、Z8は6120万画素(または4570万画素という情報もあり)、Z9譲りの縦位置液晶、WスロットはCFExpressとSD、8K60fps、(Expeed7のデュアル?とか噂されているサイトもあった)、Z6Ⅲは3300万画素、Expeed7、4K,60fps、WスロットはZ8同様、最大30コマ、Z7Ⅲは4500万画素、Expeed7、8K30fps、WスロットはZ8同様、最大20コマ・・・そして全てシャッターレス。というような噂が流れているけどどこまで本当なんだろ。先日発売の雑誌CAPAではAPS-CのZ90が50%の確率で発売予定・・みたいな記事になっていたけどね。

ちなみに日本よりも欧米のほうが売上の数字もシェアも大きいので最近のカメラ開発は欧米を軸に進められる。なので欧米からの情報は日本発よりも有力なのだ。日本は売れてないからね。

まあたしかにZ50の後継で90もありえない話ではないが、なによりもZ6,Z7が発売してからすでに2年以上経過しているわけでそろそろと期待はしたいもの。全くどうなるのかは分からないけど、もしかしたらZ6,Z7は終息でZ8一本になるか・・またはその反対でZ8なんか出さずにZ6,Z7でⅢを出すのか・・・

ただニコンユーザとしてはZ9が一人横綱というのが良いようであまり良くなく、その太刀持ち・露払い的な存在が無いのは不安。Z6ⅡとZ7Ⅱが大関、関脇というレベルではもう無いのも事実なわけで、Z9を支えるべく一台を早く世の中に出してもらいたいもの。

あくまでも個人的な意見という希望的観測だけど、Z8が出て、Z6とZ7は終息され、Z90とは言わないがAPS-Cが出て、次の次の段階で新たなZ6,Z7系統が出るのではと思うかな。
がっかりなケースはZ6Ⅲ、Z7Ⅲのみで、Z8もAPS-C機も出ないのはイヤだな。かと言ってこれらが一斉にすべて2023年に出るとも思えないし。

またZ6,Z7の延命というのかファームアップがされるという情報もあるようだ。え?いまさら・・・んーーこれはZ6,Z7の根強いユーザーがいるので機能向上せざるをえないということなのだろうか。かつての銀塩フィルムカメラに比べるとデジカメの足は短い。いやもう短すぎるのかもしれないスパン。約2~3年で買い替えることを考えると新たなカメラが発売され購入するのはハードルは高いか・・・。

レンズ系ではZ200-600mmは出るでしょう。Fマウントの200-500mmのF5.6通しではなく、どうやらF5.6-5.3では無いか?との情報。だとしたら安価だろうね。20万円くらい?
あとは期待したいのがZ500mm・・・次期次期くらいかな。F5.6だとして50万円切る価格だったらお買い得かな。出たら400mmF4.5を下取りに出して買うかな。


世間話が長くなってしまったので羽田T2で撮影した写真を掲載してみよう。以前、いつかの記事で羽田のT2は人が多すぎて驚いた!というのを掲載したのだが、最近の羽田T2の休日はいつも混むようで、これもコロナが終息してきて人の出も活発になったからということのようだ。
たしかに昨年は飛行機乗りしていたわけだけど、どの便もおおよそ満席だったものな。ということは飛行機に乗る人も増え、見送り、お迎えの人も増えるわけで、普通に飛行機を見に来る人も必然的に増えるわけか。

最近の組み合わせ。Z9+Z400mmF4.5、x1.4TELE。軽くて機動力があって使いやすい。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:250 WB:SUNNY PC:SD

スターウォーズジェット。もうすっかりお馴染みの機体だな。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:250 WB:SUNNY PC:SD

いつものように定番のスカイツリーバックを撮影。T2デッキはこのアングルが一番だと思う。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:250 WB:SUNNY PC:SD

どこに飛んでくるかわからないのが離陸シーンの難しいところ。窮屈感だな。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:AUTO(220) WB:SUNNY PC:VI

もう少し上だといいのにな。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:250 WB:SUNNY PC:VI

これも下だな。何便もチャンスがあるのが羽田のいいところ。なので地方空港と違って焦りは無い。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:AUTO(400) WB:SUNNY PC:VI

C滑走路へ着陸するA359。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/2000 F9 ISO:320 WB:SUNNY PC:SD

これもちょっと下だな。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:250 WB:SUNNY PC:SD

大韓航空のA330。エアバスの2世代ほど前の機体なのかな。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:250 WB:SUNNY PC:SD

こちらも韓国のアシアナ。低いな。おなじ韓国に向かうのに・・・。アシアナは以前は仙台にB76で就航していたのをよく撮影したものだ。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:320 WB:SUNNY PC:SD

そして本日の真打登場、B74。これを目当てに撮影する人も多いよな。ただ残念ながらスカイツリーバックには収まらず。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:320 WB:SUNNY PC:SD

超低空でローテーションしゆっくり右旋回。B74は高速飛行は可能だが燃費が悪い。なので搭載燃料も多いのだろう。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1600 F8 ISO:250 WB:SUNNY PC:SD

ITA。この色は初めてだな。かっこいい。

NIKON Z9 + Z400mm MODE:M 1/1250 F8 ISO:250 WB:SUNNY PC:SD

34Rから離陸予定だったものの、風向きから16Lへ移動とし離陸していった。

こうやって離着陸機の合間を縫って反対側から離陸する飛行機が何便か確認できた。けどそもそも34R運用を16Lで離陸するとなると待ちも多くなるわけでちょっと気の毒・・・・。パイロット判断なんだけどそんなに待ち時間をかけても「そっちから飛ぶの?」。「05からじゃだめなの?」なんて思ったりもする。


x1.4を装着したスカイツリーバックの写真が無いわけでも無いのだが、ちょっと窮屈すぎて使えなかった。なのでスカイツリーバックの場合はこの400mm程度がいっぱいでできればT2の場合はエプロンやスポットでの撮影もあるので100-400mmとか使い勝手がいいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください