Nikon D500+70-200mm・・・落とした!

2018年2月4日(日)

愛機D500落とした・・をマイプロデュース!

羽田空港T2にて飛行機を撮影中の出来事。
早朝のハミングバードを3機見送った後はT2へ移動してスカイツリーバック狙い。晴れっちゃ晴れだけどいまいち空狙いとしてはイマイチのコンディション。スカイツリーのアンテナに雲がかかってきたのと、もう時間的に十分かなと思いそろそろお開きと思っていた頃。


沖留めの飛行機が目の前のスポットに到着することとなり1枚。多分、セントレアからの便。
この写真を撮影してさあ帰ろうっとカメラバックのある位置まで戻る時に70-200mmの三脚座を掴んでいたらそれがスコッて外れて、C-LOOPごと

カメラ落ちました・・・・ガビーン。

不幸中の幸いなのか、カメラ本体側のストラップは握っていたので全墜落とはいかなかったものの、落ちたんですわ・・・・
ストラップを首から下げていればこんなことにならなかったのになあ。首から下げているときっていつもどちらかの手や腕で抱えていることが多いので。

その場で軽くチェックしたところ一応は目立った外傷は特になくレンズも問題無さそうだし、カメラ側に若干のスレはあるものの液晶やファインダー、OS的にも問題なさそう。
早く帰ってもう一度念入りに確認しないと・・・・

壊れていたとしても増槽のグリップ程度でありますように。


三脚座のラッチは簡単にプッシュできてしまうのだが、このネジが締まっている場合は台座を締め付け外れないことになるのだが、この日はなぜかネジが緩みさらに三脚座を持つ際にラッチをカチカチ操作しちゃってたんだよね。普段からラッチをカチカチ触ってしまうことはしょっちゅうあってある意味クセだな。触りたくなるもの。

となると・・・


三脚座はズレてしまいには外れます。

C-LOOPは三脚座に装着しているので三脚座はレンズ本体から外れたら元も子もないわけです。いや、ものの見事に手から離れていったものね。
最初は金属疲労かなにかで折れた!?と思ったくらい。

 


 

帰宅してすぐに確認したところ・・・外傷は本体のグリップ付近に擦り傷が・・・・。よくみるとメモリの格納部分のフラップにも擦り傷がありますね。
幸いにしてレンズもボディも可動に問題なし。レンズもリングも液晶もOSも無事でした。

良い勉強になりましたね。
70-200mmの三脚座の構造、ネジやラッチの意味をイマイチ理解していないからこんな事故になったわけですので気をつけよう。


レンズもカメラも高いので万が一を考えるとゾッとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください