羽田T2・標準ズームで飛行機写真を撮影するとこういう感じ。

2021年11月24日(水)羽田T2・標準ズームで飛行機写真を撮影するとこういう感じ。をマイプロデュースしてみよう。

11月13日(土)午前中は昭和記念公園。その帰路は青梅特快に乗車できたのでそのまま東京駅まで直行。超爆睡。モノレールで浜松町から空港へ。空港に所要があったためこのルートを辿ったわけだが最もオーソドックスなルートかと思う。かつで立川駅前のホテル前からバスで中央道・首都高と乗り継いで行ったことがあるけどたしかに乗り換え無しの一本で行けるのは良いが時間がかかるのと料金が高いのがね。中央線も特快に乗らないといくら快速とは普通列車並だからなあ。

装備は昭和記念公園のままでZ7+24-70mm。標準ズームレンズのみを持ってT2デッキへ飛行機を撮るって撮れるんかい?まあ本気モード出さなければなんとかなる。

ちなみに羽田T2へカメラを持って来たのは5月以来だった。その当時も標準ズームだったわけでなにかの経由で訪れたのかと思う。

スポット60番付近。この60・61辺りは自然と足が向くスポット。駐機中の飛行機を狙うもよし、Cランの離着陸を狙うのもよし。まずは普通にカラーで撮影してみた。

普通

カラーだと面白くないのでピクチャーコントロールをC20にしてみた。やっぱり普通じゃ面白くないので遊んでみたくてね。どうせ遠い被写体は撮れないのなら近場のものをトコトン追求してみようとなった。

レベル補正はした。こう見ると4~50年ほど前の空港って感じだよね。まさにフィルム時代。羽田開港当初・・・でも機体は最新のもの。

PB中のB78.ちょうど右後ろからの順光をうけているので、機首の明暗が出ててかっこいい。

大人の写真って感じ。このC20(最近はC17チャコールも使う)を使うと普通のモノクロは使えなくなるんだよね。まあ大人になった証拠か?



70mmではちょっと見づらいがJA01VA。元バニラエアの機体。白装束でドナドナされるところ。調べてみたらこの日にこの撮影の後にRW16Lから飛び立ち、韓国・ロシア・フランスとドナドナフェリーされていったという記録が残っていた。バニラがピーチ統合し、一時的にバニラ塗装のピーチだったり、その後はANA塗装となって・・・

まあこの日のT2デッキはご覧の通りでみんな難民申請を求めフェンスに押しかけているような感じってくらい多い人。シューターの方も多いし普通に飛行機を眺めに来たひとも、見送りに来た人も様々。なお右手に見えるテーブルのブースも満席だった。いやあいい日だったもの。



影が写っているのだが、これは展望デッキのフェンスでそこにいる人の影まで写っている。まあ参考程度。


標準レンズでも使いよう。飛んでいる飛行機ではなくスポットの飛行機やタクシー中の飛行機でも十分絵になる。そしてPCで普段は使わない色を試してみるのもよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください