愛機 NIKKOR 70-200mm メンテナンスしてきた

2018年3月21日(水)

愛機NIKKOR 70-200mmをメンテナンス をマイプロデュース!

隣のニコンカレッジでViewNX-iとCapture NX-Dを受講したついでに、プラザでレンズを点検に出してきた。
そっか、今更ながらそういうついでができるんだわね。なんで気付かなかったんだか・・・・もう何回、ここ新宿のニコンに来ているだい。

いつだったか D500 + NIKKOR 70-200mmを落とした! って事件。たしかにD500のボディには擦過傷。でもボディもレンズもすこぶる調子が良く、あの衝撃でよくもまあかすり傷ひとつ程度で済んだもんだと改めてニコンの強靭さには関心するのだが、最近のデジイチ上位機種のボディにはマグネシウム合金を採用しているケースが多く、このマグネシウムってのは鉄やアルミなどに比べ強度、剛性、耐衝撃性など優れている金属なんだわ。なので膝上10cmから三脚座から離れ地面にダイブした衝撃でもビクともしなかったわけ。

んーでも、ホントに問題無かったのか・・・・。ボディは完全稼働しているので問題無いと思うのだが、レンズって駆動部分がデリケートというかシビアなため一度は診てもらえってことで持ち込んだ。

せっかくニコン新宿で受講する機会があるならプラザで点検にでも出すか。

午前のView NX-i の講義終了後、持ち込み。おすすめ点検パックDコース。レンズの点検+外観清掃+ピント点検調整 2,500円(税別)。基本当日対応。
何か不具合等ありますか?とスタッフの方に聞かれ、正直にD500と共に膝上から落下したんですよねーー ってその落下(らっか)って言葉って言い難いよなあ。カメラのような精密機器を落とすなんて背筋が凍る言葉だわ。まるで電源入れっぱなしのノートパソコンの液晶画面を鷲掴みにして持ち上げるようなカンジだろ。液晶とハードディスクに何か影響が出ないか元エンジニアとしては冷や汗な気分だぞ。
なので、自分がやっちまったことではあるが、いややっちまったことだからこそ、レンズを落とした・・・・って怖い言葉なんだわ。

点検終了予定時刻は16時頃とのこと。いやーー隣で講義中ですので全く時間には問題ないですわね。旅行中にクリーニングだすのと同じ!?

午後の講義はCapture NX-Dの基礎講座。17時過ぎに終了となりその足で引取に。もうこの時間になるとプラザ内も人が少ないんだね。まあ今日は雪景色で悪天だったからか少なかったんだろうねえ。昼には端から端までのデジイチを人待ち無しで片っ端からじっくりと触らせてもらったくらい。初めて3000系や5000系を手にしたけど言っちゃ悪いけどオモチャみたいに軽いんだね。でも一丁前に写りも悪くないし。


点検結果からすると無事に良好!特に問題なしとのこと・・・
若干、ワイドから中間あたりにピントズレがあったらしいが調整できたとのこと。
マウント側に肉眼ではわからない歪みがあるようだけど実用的にはなんら問題なし。どうしても気になる場合は工場にて精密検査も可能とのことらしいけど、普通に使う分には特に影響も無いのでこのままで良いですよとのこと。

良かった~。

なんか嬉しくなっちゃうよね。うちのフラッグシップレンズだからね。

ちなみにニコン新宿では200mmまでのレンズが対応可能。銀座は120mmだったかな。なので新宿に訪れた際に70-200を持ち込んで大正解。
さて擦過傷のD500はというと、近々ニコン銀座近くへ訪問する予定があるので持ち込もうかな。会社帰りに引き取りに行けるし。

レンズもボディも大切なものであるなら、年に1度程度は持ち込んで点検を受けると良いかも。今回のピントズレは落とした影響かどうかは不明だけど、大丈夫!ってことで使っていたらズレに気付かないままだものね。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください