飛行機追っかけやってた時のこと・・・フライトカード。

2020年9月23日(水)飛行機追っかけやってた時のこと・・・フライトカードをマイプロデュースしてみよう。

今から20年ほど前は根っからの飛行機追っかけマニアだった。
その当時から一眼レフカメラを持って北は北海道、南は沖縄まで様々な空港へ飛んでは飛行場周辺から飛行機を撮影していたわけだが、部屋の本棚を整理していたら当時のフライトカードが出てきたので紹介してみよう。

こんなカードを作成して搭乗時に書いてもらっていたんだよね。
多分、10~15便くらい書いてもらったのかな。部屋のどこかを探せば出てくるのかと。
日付をみたら2002年だから18年前か。
当時、たまたま2人の機長の方(ANAと旧JAS)と知り合いになれて、「こういうのあり?」って聞いたら、

「ぜんぜんありだよ」「Wellcomeだよ」
短い路線だと機長がかけないこともあるけどね みたいなことを言われてなにかの記念として作成して搭乗時に書いてもらってた時期があった。

裏。
これはほんの一部だけど、色々なメッセージを書いてもらいましたね。一人のCAさんが書く場合と寄せ書きみたいで書く場合と・・

各項目を各人が書く場合もあれば、CAさんが聞き出して書く場合もあるような。機長自らメッセージを書いていただいたこともあったな。
「コックピットから見える風景が季節ごとに変わるのが・・・・」みたいなメッセージだったかな。
シールが貼られたり、イラストが書かれたりと・・・

そしてこやつ、只者ではないなっ!てことで、絵葉書や文房具やおもちゃなんかがもらえたり・・・ちょっと余裕のある便では代わる代わる挨拶しにきたり。


ああ、思い出した。
いろいろな搭乗エピソードはあるけど、その機長さんとの知り合いになれたのが東京から松山だったか徳島へ行った際のこと。
機内アナウンスで「機長はxx」というのを聞いていて、その後たまたまそのキャプテンが開設するウェブサイトを見つけ、「もしかして◯月◯日の◯◯便はxx機長では?」と訪ねたら、「私が所属する航空会社のパイロットでxxは私だけですので、その便の機長は私ですね」みたいなメッセージをもらったんだよね。
その時に色々と訪ねたひとつとしてこのフライトカードのコトだったんだよ。
さらにその後だけど広島便だったかな?偶然にもxx機長と乗り合わせて、カードに記入してもらったと・・・

今じゃありえない時代だよね。現役の方がフライトに関する情報等を公開するなんて。海外の航空会社の方はその辺りは自由なようで動画配信やSNSで公開しているケースはあるけど、日本の航空会社の方がね。
20年近くも前ってコンプライアンスや個人情報も今よりもゆるくて、もしかしたら会社よりも個人が先行して情報発信できていた時代なのかもね。
当然現在はそのウェブサイトはありませんし検索してもヒットしませんでした。Googleなんて無い時代だしね。

ある意味でいい時代だったのかもね。


いい時代だったー なんて話しを思い出すとたくさんあるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください