なんか締りのない飛行機写真になってしまうことってあるある・・・

2021年3月4日(木)なんか締りのない飛行機写真になってしまうことってあるある・・・をマイプロデュースしてみよう。

3月1日(月)創立記念日。午前のみ。コロナの以前は午後から懇親会としてボーリング大会なんかやっていたのだがこのご時世・・・。なんか会社から別な福利厚生システムが提供されるとの案内メールが届いていたけど読む時間なし。相変わらず忙しい・・・

けど、午後からは着替えてマイカー(自転車)乗って今日も行ってきた「羽田イノベーションシティ」
もうギリギリ15時。本当は1時間前くらいからスタンバイしたいところだけどほぼ15時頃だもんね。


今日の天気は晴れだけど南風強風。今日も風が強い。先日は正面からの北風ピープー暴風だったのが、今日は背後からストーム級の南風。まあ飛行機にとっては絶好の!?向かい風なのかと思うが風強いのって嫌だな。まあ先日より寒く無いけどね。

NIKON Z6Ⅱ + FTZ + 500mmF5.6 x1.4 MODE:M 1/2000 F8 ISO:AUTO(280) PC:SD WB:SUNNY

ヘリコプター。このHICはヘリパットが近いのでよく離着陸シーンに遭遇できる。特に着陸シーンなんかは丸子橋~大師橋というATCが聞こえてくる。ほとんどは報道機関のヘリなのかな。

本日の空港情報
M 0530 RNAV RW16L/16R
LAND RW16L/16R
DEP RW22/16R
WIND 200-16kt
Visibility 20km
Temp 18℃

18℃だもんな。16ktの風もあまり寒く感じない。

NIKON Z6Ⅱ + FTZ + 500mmF5.6 x1.4 MODE:M 1/1600 F9 ISO:400 PC:SD WB:SUNNY

今日の装備品はいつものZ6Ⅱ+FTZ+500mmF5.6+x1.4
忘れ物が多くて、まずP330を忘れる。そして500mmF5.6のレンズフードを忘れる。なんだかなあ。コンデジはまだしもレンズフードが無いのは落ち着かないなあ。やはり屋外撮影にフードが無いのは前玉を晒すことになるので気になって気になって。フードは余計な光を遮るほかレンズガードの役割でもあるから無いとね。

B73の離陸

今回のテーマは「なんかボケてないか」ってこと。
特別な設定をしているわけではないんだけど・・・・


NIKON Z6Ⅱ + FTZ + 500mmF5.6 x1.4 MODE:M 1/1250 F8 ISO:400 PC:SD WB:SUNNY

ソラシドの離陸シーン。
んーーこれもなんか・・・パッとしない。

NIKON Z6Ⅱ + FTZ + 500mmF5.6 x1.4 MODE:M 1/1250 F8 ISO:400 PC:SD WB:SUNNY

スタフラのシーン。
これもなんだか・・・ぱっとしない!? いやあもうイマイチだよ。

NIKON Z6Ⅱ + FTZ + 500mmF5.6 x1.4 MODE:M 1/1250 F8 ISO:400 PC:SD WB:SUNNY

まあまあ、キリっとキレが無いというか。


NIKON Z6Ⅱ + FTZ + 500mmF5.6 x1.4 MODE:M 1/1600 F8 ISO:AUTO(360) PC:SD WB:SUNNY

赤いトーイングカー。こういうのはほとんど海外製。ATCでは◯◯スピーディーって呼ばれるタイプ。前ギアを抱きかかえて運ぶタイプでその名の通り速い・・・。

ピントが甘いのかな~。撮影しているときはそんな気にはならないのだが・・・

NIKON Z6Ⅱ + FTZ + 500mmF5.6 x1.4 MODE:M 1/1600 F10 ISO:AUTO(1250) PC:SD WB:SUNNY

空がいまいちどんよりしているからか機体もパッとしない。

まあまあ良いほう!?

帰り際に撮影した一枚。まあまあ良いかな。
今回のようにパッとしない写真の原因ってなんだろうって思うのだが、SSが遅いとその分流れてしまうのでパッとしないのではないか!?と考えてしまうのだがどうなんだろ。いつもモードMなのだが、そういうときこそオートに思い切って設定してみる。モードS(シャッタースピード優先)でもモードA(露出優先)でも、プログラムモードでも良いだろうか。
「カメラとしてはこんな感じになりまっせえ」というのもアリなんだろうね。


いつもモードM(マニュアル)なのでそれが本当に良いのか悪いのか・・・色々と試してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください