Nikon D850 飛行機撮影デビューした

2018年3月12日(月)

Nikon D850 飛行機撮影デビューしたをマイプロデュース!

昨日、いつもの横浜港は大桟橋からサンタバルカ号にて羽田空港沖から旅客機狙い。しかもモーニング。この朝の羽田空港沖っていう部はなかなか乗れなくてねえ。
ちょうど1年前の今頃なのかな?富士山バックでナイスな写真が撮れたのは。
それからというものの、

冬季の富士山バックは羽田沖から狙う!

ってのが一番なんだな。洋上から富士山バックなんてそう簡単にできるもんじゃないんだな。
まずは船の予約状況。催行人員に達しないと出港出来ない。申し込むものの参加人員不足で取りやめになるケースも何度も。そして返金が面倒なので他の日の午後の部へと参加することに。
やっとのことで3月11日(日)に決行となったものの、ここ数日は嵐のような天気の関東地方でこの日がやっと曇り後晴れという雨の降らない天気。


家を出た時点でどんよりと優れない空模様・・・・期待薄っ。
まあ仕方ない・・・・

いつもの大桟橋埠頭に到着すると先客が2~3組。こりゃー今回もシュータよりも一般客の方が多いな。毎度乗船しているとなんてこと無いけど、やはり初めて船に乗って京浜運河を移動して羽田空港沖へ出てアンダージェットを体験するとなると楽しみだよなあ。

以下写真はJPEG出しでRAW編集をしていないものです。(あまりにも良い写真が撮れなかったため・・・(泣)

D850参戦!ちょっとコンデジP330が船の揺れでブレブレですけどね。

いつものアンダーD!実はこの橋脚の右隣がナイスポジションだったってことに最近知った。

この日、15名ほどの参加者で家族連れが2組、友達同士が1組、シューターが5名。
いつものKさん(多分、毎回参加している60代のD750所有の方)は相変わらず参加していて、他はキャノンユーザー。しかも今回は500mm砲を持ったプロっぽい方が2名、キャノンの一番上のボディを持った方がいたりとニコンはKさんと自分の2名のみ。

福岡から東京旅行に来たついでという女性グループ。その500mm砲の方たちは関西から来たというから驚き。

関西からの方は便や機体を狙ってましたね。取材なのかなあ?

この日は曇天の曇天で帰路の時間帯でやっと晴れ間が出てきたような感じ。当然、富士山バックなんてムリでして。
もうこの先は春の空気で澄んだ空気は望めないのでこの季の富士山バックはムリ。そういやハミングバードでも富士山バックはムリだったなあ。


さてこのD850ですが、D500の快速シャッターに慣れているせいか9コマ(増槽付)ってのはどうなんだろ。ちょっと物足りなさが残るんだよね。なので自分のように慣れたD500が配備済みの方は素直にD500(D5)で狙うのが正解。ムリに増槽9コマってのはねえ。

「500(ごーまるまる)持ってんだったらそっち使えよ」ってツッコミは大正解ですわね。

そもそも、サードパーティ品の電池を使っているせいなのか、9コマはEN-EL18から供給する高電圧で作動するとのことなので電圧が思ったより低い!?んなワケないようなちょっと不安。かと言っていまさら純製買う?それを探求するために純製を買う費用なんてもったいない。だったらコマ数稼ぐなら素直にD500を使えばいいだけなんだし。

今回はWBを曇天や晴天、ピクチャーコントロールをVIというセオリー通りの設定。せっかくなのでD850新機能のオートを使って比較すればよかったなあ。

さて次回は春で忙しいので洋上からの飛行機撮影はしばらくはお預け。ただそのD850の7コマ、9コマとD500の10コマってのは比較動画かなにかでお伝えできるといいなあとも思うし。忙しくなりそうな春だわ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください