横浜夜景を撮影した写真データを集めて動画を作成してみた。

2018年4月14日(土)

横浜夜景を動画にしてみたをマイプロデュース

先日行ってきた京浜運河をサンタバルカ号にて夜景撮影したデータを確認したりCMSでアップロードしているうちに動画に載せてみたくなったので、久々にYoutubeへアップロードしてみた。
動画作成自体は仕事でも使っているのだけど、個人的にYouTubeへとなると凝っちゃうんだよね。なので静止画を集めて音楽を付けた程度のものなのに結構時間をかけてしまった。もともとは先日12日に行った京浜運河の写真だけのつもりが、せっかくなので昨年のクリスマスシーズンに訪れたみなとみらい地区の写真も入れてみて、きっちり音楽に合わせてみましたとさ。

音楽は夜景なのでしっとりしたジャズがいいなーってことでAudioLibraryを検索して何曲かに絞って決めたのが

Jolly Old St Nicholas

まあ、ちょうどクリスマスシーズンの写真だから音楽もちょうどそれらしい曲に見事収まったかんじです。もう春なのにねー。
しかし良い曲だよね。我ながら見事に映像にマッチしてます。


そういや、2月末?をもってYoutubeサイトも広告収益を付けることができなくなったわけだけど、一番アクセス数が多く人気だった動画がアップ出来なくなったのは残念だな。特に広告収入なんてコレぽっちも考えていなくて、適当に広告付けてくれても全然構わないのだが・・・・。そうもいかないようで。

ちなみにYoutubeよりこのCMSサイトのほうが人気なのは嬉しいな。だって検索してヒットさせるのって動画よりもWebサイトが先に上位にヒットするからね。あとはチョクちょくスポンサーサイトをクリックしてくれると嬉しいかな。

さて動画はいつ振りかと検索したら昨年のクリスマスイブ。ちょうど、その前日にサンタバルカ号にて羽田空港沖でシューティングして下船後、大桟橋埠頭にて飛鳥Ⅱが停泊。出港を見送った後にみなとみらい地区を散策して夜景撮影をした写真となります。そっかーイブのイブの日だったんだわね。そんなカップルばかりで人だかりの中をD500+8-15mm FishEyeで撮影しまくっていたという・・・ちょっとアウェイ感?

んでもこの季節に横浜みなとみらい地区のライトアップはキレイで有名なのでスポッターも多くいるのも事実。夜景デビューはニコンカレッジ横浜だったしね。


■動画制作の方法(自分流)

ちょっとだけ動画制作の方法についてご紹介。
ソフトウェアはAdobe CC 2018を年間ライセンス(学割)で使用。動画はPremierePro、ちょっとだけCG風なものはAfterEffects、タイトル絵はIllustrator、エンコーダはMediaEncoderと全てAdobeで制作。音楽は主にYoutubeAudio Libから使うか、Dova-Syndromeからダウンロードするかかな。

撮影した映像からどういう雰囲気にするかを音楽から選ぶとすんなり制作しやすいです。ある程度は既にダウンロードしてるので片っ端からクリックして聞きまくり。おおよその尺も関係するけど、そこは編集でなんとかなるもの。あまり長すぎず、短すぎず・・・。動画を配置して切って貼って、タイトルをCG化させて、エンドロールを編集して、音楽と合わせて、ちょっと効果を入れたりの繰り返しですね。
アップする頃にはもう十分見飽きてしまうくらいに・・・これは動画製作者はみんな感じることみたいです。なので実際のOAはじっくり見ないって方も多いらしいです。

できた動画をアップロードするは別なPCから。主回線の上りは遅いので別な回線で別なPCからアップロード。その間にコメント欄に書く記事なんかをまとめるのと、公開日時なども設定して・・・

案外面倒ですよね。動画制作って。ですのでしょっちゅう、毎日のように動画をアップしている方ってスゴいと思う。よっぽどこうやって文字を書いているほうが楽だわ。

はい、ここまで約1,700文字をタイプしましたとさ。

[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=JUEzbVb2G_A[/embedyt]
 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください